フットボールチャンネル

Jリーグ 1年前

最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手MF市場価値ランキング1~10位【2023年最新版】

シリーズ:Jリーガー市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

6位:アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)


【写真:Getty Images】


生年月日:1984年5月11日
市場価値:120万ユーロ(約1.4億円)
2022リーグ戦成績:24試合2得点3アシスト

 6位にはスペイン代表とバルセロナの黄金期を中心として支えたサッカー界のスーパースター、アンドレス・イニエスタがランクイン。ヴィッセル神戸に加入し、日本中を沸かせたのは2018年のことで、早くもJリーグでの6シーズン目を迎えたことになる。契約最終年ということもあり、今季に懸ける思いは強いだろう。

 現在38歳ということもあり、さすがにフル稼働が難しい体にはなっているが、世界トップレベルで培ったテクニックやIQはいっさい錆びついていない。ピッチ内やトレーニングの様子を見ても、パスを出すタイミングや出す場所、ファーストタッチ、そしてシュートセンスなど、他の選手とは全く違うクオリティーのプレーを連発している。このレベルを日本で見ることができるのは、改めて幸せなことだと実感させられる。

 市場価値はさすがに下落が続いているが、それでもまだ120万ユーロ(約1.4億円)という金額だ。35歳以上で100万ユーロ(約1.2億円)を超えているJリーガーはイニエスタのみであり、その事実だけでもいかにこの元スペイン代表戦士が異次元かわかるはずだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!