フットボールチャンネル

Jリーグ 3か月前

一気に評価アップ! Jリーグ“ブレイク”ランキング21〜30位。2023年、最も市場価値を上げたのは?

シリーズ:市場価値上昇ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 台頭する選手もいれば、大きく成績を落とす選手もいるが、2023シーズンに最もブレイクした選手は誰なのだろうか。データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値上昇額ランキングを紹介する。※2023年1月1日と2024年1月2日の市場価格を比較。価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠。各データはJリーグ公式サイトを参照。


30位:レオ・セアラ(セレッソ大阪)

セレッソ大阪に所属するレオ・セアラ
【写真:Getty Images】

生年月日:1995年2月3日(28歳)
市場価値の上昇額:20万ユーロ(約2800万円/25%UP)
市場価値の変動:80万ユーロ(約1億1200万円)→100万ユーロ(約1億4000万円)
2023リーグ戦成績:33試合12得点3アシスト


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 ブラジル人のレオ・セアラは、2016年にECヴィトーリアからの期限付き移籍でFC琉球に加入した。その後ブラジルに戻っていたが、2021年に横浜F・マリノスに加入して5年ぶりに日本に復帰すると、2023年からはセレッソ大阪でプレーしている。

 ゴール前での積極性と得点力が強みであるレオ・セアラは、横浜FM時代はアンデルソン・ロペスと併用されていたため、プレー時間はそれほど多くなかったが、それでも2年連続でリーグ戦2桁得点を達成していた。

 C大阪加入で不動のレギュラーになると、2023シーズンのリーグ戦におけるプレータイムは前年の1300分から2倍以上となる2646分に。日本でのキャリアハイとなる12得点を挙げ、シュート数は87本でリーグ3位となっている。

 レオ・セアラは、身長178cmと大柄ではないものの、フィジカルが強く、シュートパターンも豊富で、ゴール前の競り合いで抜群の存在感を見せた。2023シーズンのヘディングゴールは7得点で、鈴木優磨(鹿島アントラーズ)とアンデルソン・ロペス(横浜FM)の8得点に次ぐ3位の数字だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top