プレミアリーグ

プレミア記録を逃したマンU。バレンシア投入に見るファーガソンの本気度

プレミア記録を逃したマンU。アンデルソン投入に見るファーガソンの本気度 2013.04.30

22日、マンチェスター・ユナイテッドはアーセナルとの一戦で引き分けた。優勝が既に決まっているこの試合のポイントはファン・ペルシーの古巣アーセナルのサポーターがかつてのエースをどう迎えるのか。そして、ユナイテッドがプレミアリーグ記録に向けて前進できるかだった。


20130426_tottenham_kaz

好調スパーズを牽引する“モンスター”ギャレス・ベイルはメッシ、クリロナを超えられるか 2013.04.26

スパーズが好調だ。アーセナルを抑えてプレミアリーグ4位とCL出場を視野に入れている。チームを支えるのはギャレス・ベイル。左SBとしてデビューし、現在はトップ下もこなす。ワールドクラスの実力を持つベイルはメッシやクリロナを超えることができるのか?

20130425_manu1

最後まで未完成だったマンチェスター・ユナイテッドがリーグ戦で独走できた理由 2013.04.25

マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグでの優勝を早々と決めた。2位に大差をつけての独走だったが、チームとしてはまだ熟成しているとは言い難い。未完成のチームはなぜリーグ戦で圧勝できたのか? 現地記者が分析する。

【名将インタビュー】サム・アラダイス

【名将インタビュー】サム・アラダイス ~ポゼッションを破壊する揺るぎないロングボール戦術~(後編) 2013.04.18

昇格組ながら32節を終えて12位とウェストハムが好調を維持している。特筆すべきは指揮官サム・アラダイスが採る戦術だ。前線にどんどんロングボールを放り込み、ファウル覚悟のタックルで相手を止める。パスサッカーがトレンドの時代になぜそこまでオールドスタイルにこだわるのか?ビッグ・サムに話を聞いた。

サム・アラダイス ~ポゼッションを破壊する揺るぎないロングボール戦術~

【名将インタビュー】サム・アラダイス ~ポゼッションを破壊する揺るぎないロングボール戦術~(前編) 2013.04.17

昇格組ながら32節を終えて12位とウェストハムが好調を維持している。特筆すべきは指揮官サム・アラダイスが採る戦術だ。前線にどんどんロングボールを放り込み、ファウル覚悟のタックルで相手を止める。パスサッカーがトレンドの時代になぜそこまでオールドスタイルにこだわるのか?ビッグ・サムに話を聞いた。

ダービー敗戦で見えたマンUの課題。香川を生かせないオールドスタイルからの脱却は果たせるか?

ダービー敗戦で見えたマンUの課題。香川を生かせないオールドスタイルからの脱却は果たせるか? 2013.04.09

8日のマンチェスターダービーで、ユナイテッドはいいところなく敗れた。優勝は確実とはいえ、今後レベルアップし、香川を十分に活かすためには何が必要なのか。ダービーから見えた課題を考察する。

FA杯で香川を起用しなかったファーガソンの戦術とは?

FA杯で香川を起用しなかったファーガソンの戦術とは? 2013.04.02

1日のFA杯6回戦、チェルシー対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、バのスーパーゴールでチェルシーが1-0とユナイテッドを下した。香川真司は点が欲しい場面でもピッチへ投入されなかった。その理由はファーガソンが選択した戦術によるものだ。

欧州王者に完勝したサウサンプトン。吉田が語るチェルシー撃破の要因

欧州王者に完勝したサウサンプトン。吉田が語るチェルシー撃破の要因 2013.04.01

30日に行われたプレミアリーグで、サウサンプトンはチェルシーを破る金星をあげた。吉田麻也は先発フル出場。ここ最近、チームは好調を維持している。強豪撃破の要因、イングランドで得た成長、そして残留への決意を吉田麻也が語った。

低調なパフォーマンスに終始したユナイテッド。それでも優勝はほぼ確実に

低調なパフォーマンスに終始したユナイテッド。それでも優勝はほぼ確実に。 2013.03.17

16日、首位を快走するマンチェスター・ユナイテッドは、降格圏に低迷するレディングをホームに迎え、1-0で勝利した。しかしファーガソン監督も認める低調なパフォーマンスに終始したが、2位・シティが敗れたためリーグ優勝はほぼ確実となった。

バートンに騙されるな

バートンに騙されるな ~プレミアきっての問題児の実像~ 2013.02.13

今季、QPRからフランスのマルセイユに移籍したMFジョーイ・バートン。過去に何度も問題(ときに犯罪)行動を起こし、プレミアきっての問題児として知られている。その一方で、哲学者の言葉を引用したツイートをするなど、高尚な一面も見せる。一体、本当の彼はどんな人間なのか? つかみどころがないバートンの実像に迫る。

ビラス・ボアスの美学とイングランド・フットボールの未来

ビラス・ボアスの美学とイングランド・フットボールの未来 2013.01.17

『革命家の哲学とスパーズでの展望を占う』
2012年7月、革命家がロンドンへ帰還した。トットナム・ホットスパー、アンドレ・ビラス・ボアスの新監督就任を発表――。世界一わがままなクラブ、チェルシーを解任された若き指揮官は、再びプレミアリーグに戦いを挑む。ビラス・ボアスがノースロンドンの地で成功を収めることができるのか。カギとなるいくつかのポイントがある。もがき苦しんだブルーズでの10ヶ月間を題材に、彼の未来を占う。

ユナイテッドのキーマン、香川真司

プレミアリーグ前半戦を振り返る―優勝争いのカギを握る香川真司 2012.12.30

2012-13シーズンのプレミアリーグは、前半戦を折り返して圧倒的な攻撃力でマンチェスター・ユナイテッドが首位をひた走っている。昨シーズンの覇者、マンチェスター・シティがその後を追う展開となっている。迎える後半戦、優勝争いの鍵を握る選手は?

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化(後編) 2012.12.30

『マンU、トッテナム、アーセナル、ニューカッスルに見る“オープンスペース”有効活用法』
サイドからクロスを上げ、ゴール前では屈強な男たちが肉弾戦を繰り広げる。プレミアリーグでよく見る光景だ。昔からのスタイルではあるが、近年では戦術的な“崩し”が見られる。重要なのはクロスを上げる、そしてフィニッシュに持ち込むまでの過程だ。プレミアでの実例からワイドアタックの真髄を紐解いていく。

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化(前編) 2012.12.29

『マンU、トッテナム、アーセナル、ニューカッスルに見る“オープンスペース”有効活用法』
サイドからクロスを上げ、ゴール前では屈強な男たちが肉弾戦を繰り広げる。プレミアリーグでよく見る光景だ。昔からのスタイルではあるが、近年では戦術的な“崩し”が見られる。重要なのはクロスを上げる、そしてフィニッシュに持ち込むまでの過程だ。プレミアでの実例からワイドアタックの真髄を紐解いていく。

今季8度目の逆転勝利も、手放しでは喜べないマンUの現状

今季8度目の逆転勝利も、手放しでは喜べないマンUの現状 2012.12.27

プレミアリーグ第19節、マンチェスターUはホームにニューカッスルを迎えた。マンUは先制点を献上し、3度勝ち越される苦しい展開となったが、試合終了直前にエルナンデスのゴールで勝ち越し、実にリーグ戦8度目の逆転勝利を飾った。決定力は圧倒的だが、ディフェンス面での不安定さは未だぬぐえていない。

新着記事

FChan TV

↑top