シント・トロイデン

ベルギー

ベルギーリーグに挑む7人の日本人。新たな日本代表へ、今後の活躍が期待されるサムライたち【編集部フォーカス】

 これまで日本人選手に最も馴染み深かったのはドイツ・ブンデスリーガだろう。だが、今ではベルギーリーグがドイツに匹敵する数の日本人を抱えている。7月27日に開幕する今季のジュピラー・プロリーグ(1部)に参戦予定の日本人選手は過去最多の7人。ステップアップを目指す選手が世界中から大量に押し寄せ、激しい競争が待ち受ける異国の地で奮闘するサムライたちを紹介する。

シント・トロイデン

DMMも参入、外国資本から見たベルギーリーグの魅力。投資を惹きつける独自制度の存在

昨年11月、日本企業のDMMがベルギー1部のシント・トロイデンを買収することが話題になった。そして冬の移籍市場では、U-20日本代表でも活躍した19歳のDF冨安健洋が加入している。しかし、外国資本がベルギーリーグに参入するのはこれが初めてではない。多くのクラブに海外から投資が集まる理由とは。そして外国資本がベルギーリーグのどこに魅力を感じて投資しているのだろうか。(取材・文:中田徹)

新着記事

↑top