セオ・ウォルコット

0203Southampton_getty

南野拓実、サウサンプトンで待つ新たな11人の仲間。ライバルの現状は…、スタイルとフォーメーションは古巣と類似?

日本代表のMF南野拓実がリバプールからサウサンプトンに期限付き移籍することが決まった。果たして新天地にはどのような選手がいるのだろうか。今回フットボールチャンネル編集部では、南野の新たな仲間となる11人の基本スタメンとフォーメーションを紹介する。(成績は2021年2月2日現在)。

メスト・エジル

アーセナルはエジルにもう一度チャンスを。アルテタ監督の構想外も…逆襲への最後の切り札に?【分析コラム】

現地16日にプレミアリーグ第13節が行われ、アーセナルはサウサンプトンと1-1で引き分けた。3連敗は脱したものの、直近のリーグ戦5試合で3人目の退場者を出すなど、相変わらずアーセナルは不振を極める。もうすぐシーズンも折り返しで降格圏スレスレをさまよう名門に、状況を好転させる策はあるのだろうか。(文:舩木渉)

1130Southampton_getty

サウサンプトンって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ウォルコットが15年ぶりに復帰で躍動

11位だった昨季のサウサンプトンは調子の浮き沈みの激しく、前半戦は降格圏に沈む時期もあった。それでも、7戦無敗でシーズンを終えると、今季も好調をキープ。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督の下、今季もインテンシティの高いサッカーを実践している。今回は、サウサンプトンの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月26日現在)。

20180203_wintertransfer_getty

17/18冬の移籍金トップ10。プレミアの勢い健在、ついに実現したビッグディールの数々【編集部フォーカス】

 欧州主要リーグで今季の冬の移籍市場が幕を閉じた。いくつかの国でタイトル争いがほぼ決着しているとも言われる中でも、多くのビッグディールが成立してサッカー界を騒がせた。プレミアリーグの勢いは健在、移籍を望む“問題児”の一悶着から規格外の大型投資もあり、例年以上の盛り上がりを見せたと言えるかもしれない。ロシアや中国、日本などの移籍市場はいまだ締め切られていないが、現時点での2017/18シーズン冬の移籍金トップ10を紹介する。(移籍金は全て選手データベースサイト『transfermarkt』を参照)

新着記事

↑top