仲川輝人

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス、5年間の歴代フォーメーション。モンバエルツ就任から15年ぶりのJ1制覇まで

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっている。今回、フットボールチャンネルでは、横浜F・マリノスの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

Jリーグ

J1、J2今節の見どころは? 王者・マリノスは白星発進なるか。ギラヴァンツ北九州対アビスパ福岡のダービーマッチも!

明治安田生命Jリーグは今週末、J1、J2ともに第1節を迎える。ここから約10ヶ月間、各クラブがそれぞれの目標達成に向け、激しいバトルを繰り広げることになる。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころなどをピックアップした。

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス、J1連覇へ盤石の補強。二桁得点者4人、強烈攻撃陣が大幅パワーアップ【2020年J1補強診断】

2020年のJリーグが開幕する。新シーズンに向けJ1各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、昨季15年ぶりのJ1リーグ優勝を成し遂げた横浜F・マリノスを取り上げる。

横浜F・マリノス

王者マリノス、連覇への船出。新戦力も期待大、攻守で魅力的に圧倒する「最強」への挑戦

横浜F・マリノスは11日に新シーズンに向けて始動した。昨季は最終節にFC東京を振り切って15年ぶりのJ1リーグ制覇を成し遂げ、今季は連覇に挑む。さらにACLなどの戦いも重ねる中で、アンジェ・ポステコグルー監督率いるチームはどこを目指すのか。選手たちの視線はすでに同じ目的地を捉えていた。(取材・文:舩木渉)

20191227_Jleague_getty

J1、ポジション別ベストプレーヤー5選(サイドアタッカー編)。JリーグMVPの仲川輝人にヴィッセル神戸の韋駄天も【編集部フォーカス】

2019シーズンのJ1リーグが横浜F・マリノスの優勝で幕を閉じた。最後の最後まで激闘が繰り広げられた今季だが、1年通してハイパフォーマンスを披露した選手は誰なのだろうか。今回、フットボールチャンネル編集部では、2019シーズンJ1リーグのポジション別ベストプレーヤーを5人紹介。一体どの選手が名を連ねたのか。

20191216_jleague_getty

2019年J1リーグ年間ベストイレブン! Fチャン編集部選定、今季を彩った名手たちが勢揃い【編集部フォーカス】

2019シーズンのJ1リーグが横浜F・マリノスの優勝で幕を閉じた。最後の最後まで激闘が繰り広げられた今季だが、1年通してハイパフォーマンスを披露した選手は誰なのだろうか。今回、フットボールチャンネル編集部では、2019年J1リーグの年間ベストイレブンを選出。11人に名を連ねた名手とは。

仲川輝人

日本代表、仲川輝人は“日韓戦”に生き残れるか。香港戦で新境地開拓を。10番に課せられた重要命題【E-1サッカー選手権】

日本代表は14日、EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の第2戦で香港代表と対戦する。この試合では、10日に行われた中国戦からスタメンを大幅に変更することを明言している森保一監督。そのため、香港戦は田中碧や小川航基といった選手がデビューを飾ることになるだろう。その中で最も注目されるのが仲川輝人。JリーグMVPの男が香港戦で意識すべきこととは。(取材・文:元川悦子【韓国】)

1214Nakagawa_getty

日本代表、韓国戦で守備が機能した香港をどう崩す? 仲川輝人が描く「中途半端なポジション」のイメージ【E-1サッカー選手権】

日本代表は14日、EAFF E-1サッカー選手権で香港代表と対戦する。中国戦で使われた3-4-2-1システムは、2シャドーの働きが生命線となるだけに、シャドーでの起用が予想されるFW田川亨介とFW仲川輝人に注目したい。韓国を相手に善戦した香港を相手に、日本はどのような戦いを見せるのか。(取材・文:河治良幸【韓国】)

1210Nakagawa_Getty

日本代表新10番・仲川輝人が持つ「小さいなりの強み」。久保建英ら人材ひしめく右サイドで求められる結果【E-1サッカー選手権】

日本代表は10日、EAFF E-1サッカー選手権で中国代表と対戦する。23人全員がJリーガーで、うち14人がU-22世代となった今大会で、注目を集めるのは仲川輝人だ。今季、横浜F・マリノスで得点王とMVPに輝き、日本代表初選出を果たして10番を背負う韋駄天は、東アジアの舞台でどのようなパフォーマンスを見せるのだろうか。(取材・文:元川悦子【韓国】)

新着記事

↑top