フットボールチャンネル

Jリーグ 1年前

Jリーグ最強WGは誰だ!? 能力値ランキング1~10位。多士済々のタレント! トップは?

シリーズ:Jリーグ能力値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田生命Jリーグには、様々な特徴を持つ選手が活躍している。サッカーという競技の特性上、彼らの能力を数値化するのは極めて困難であることを承知の上で、フットボールチャンネルでは今季のスタッツを中心に様々なデータを集計し、5項目の能力に分類して数値化してランキングで紹介する。(ウイング、シャドーでの出場が多い選手、5月1日時点でリーグ戦の出場時間が450分以上の選手が対象。データは15日時点)


10位:家長昭博


【写真:Getty Images】

所属クラブ:川崎フロンターレ
生年月日:1986年6月3日
今季リーグ戦成績:13試合2得点4アシスト


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 かつて天才と称された家長昭博は、川崎フロンターレの象徴的な選手だ。2017年に大宮アルディージャから移籍して以降、4度のJ1制覇などに貢献し、2018シーズンには最優秀選手賞(MVP)とベストイレブンにも輝いた。36歳となった現在も、変わらずチームに欠かせない存在である。

 家長は身長173cm・体重70kgと決して大柄な選手ではない。しかし、それを感じさせないほど逞しい「フィジカル」を備えており、技術力の高さも相まって、ボールキープ力の強さや上手さに関してはJリーグトップレベルにある。味方からすると安心してボールを預けられる、そんな頼もしい存在と言えるだろう。

 かつてはキレの良いドリブラーだった家長だが、年齢と経験を重ねるにつれて巧みにプレースタイルを変え、進化してきた。現在は空間と時間を自在に操ることができるサイドのチャンスメーカーとして振る舞い、相手を欺くようなラストパスやハイクオリティーなシュートで貢献し続けている。「スキル」と「IQ」の高さこそ、魔術師が30代を超えてもなお輝きを失わない理由だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top