Home » Jリーグ » 最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手FW市場価値ランキング1~10位【2023年最新版】

Jリーグ 最新ニュース

明治安田生命J1リーグの2023シーズンが幕を開け、盛り上がりをみせている。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値からJリーグに所属するFWに限定したランキングを紹介する。※市場価値は2月1日時点。価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠


10位:アンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス)


【写真:Getty Images】

生年月日:1993年9月15日(29歳)
市場価値:130万ユーロ(約1.6億円)
2022リーグ戦成績:28試合11得点4アシスト


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌と、すでにJリーグでのプレー経験を持っていたアンデルソン・ロペスは昨年に日本へ復帰。中国の武漢足球倶楽部から横浜F・マリノスに加入した。すると、1年目ながらレオ・セアラと並んでチームトップとなるリーグ戦11得点をマーク。2019シーズン以来のJ1制覇に大きく貢献し、改めてその実力を証明した。

 広島時代はスピードを生かしたアタッカーとしての印象が強かったが、今はフィジカル的にもかなり逞しくなり、よりボックス内で仕事を果たすストライカーへと変貌した。利き足は左だが、右足からでもゴールを奪うことができ、185cmの長身とパワーを生かしたヘディングの巧さも際立つ。シュートセンスに関してはJリーグトップクラスと言っていいだろう。

 迎えた2023シーズンは公式戦3試合ですでに1得点1アシストと、A・ロペスは良いスタートを切った。現在の130万ユーロ(約1.6億円)という市場価値は自己最高額だが、このままハイペースで目に見える結果を残すことができれば、次回更新でさらに金額は上がるだろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top