佐藤寿人

サンフレッチェ広島

2012年Jリーグ。広島が初優勝、J1昇格POでもドラマ。ロンドン五輪はメダル目前で…【Jリーグ平成全史(20)】

1993年に開幕したJリーグは今季で27年目を迎えている。平成とともに歩み成長し、時代は令和へと移行した。フットボールチャンネル編集部では、昨季までの26年間を1年ずつ振り返っていく。今回は2012年(平成24年)。

190129_icatch_getty

Jリーグ、主要移籍まとめ(4)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人 【編集部フォーカス】

2019シーズン開幕に向け、Jリーグの各クラブは新戦力の補強に余念がない。象徴と呼ばれた選手が新天地を求めるなど、移籍市場は活況を呈している。フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちをピックアップした。今回はこの5人(随時、追加紹介していく)。

佐藤兄弟

あの選手も実は双子!? 世界で活躍する仲良しツインズプレーヤーたち【編集部フォーカス】

 サッカー界には多くの兄弟選手たちがいる。その中でも珍しいのは双子が揃ってトップレベルで活躍している例だ。日本だけでなく世界には揃って代表クラスまで上り詰めた双子がいれば、キャリアに大きな差の出てしまった双子もいる。今回はそんな世にも珍しい双子選手たちを10組紹介する。

J1昇格プレーオフ優勝の盾を掲げる名古屋グランパスFW佐藤寿人

佐藤寿人が名古屋で求めた喜び。5クラブを渡り歩いたベテランFWの献身【谷間の世代と呼ばれて】

1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。この世代の中心的選手であり、名古屋グランパスのJ1昇格に貢献したFW佐藤寿人は、自身のサッカー人生について何を思っているのだろうか。(取材・文:元川悦子)

ともに1981年生まれであるポーランドへ移籍した松井大輔(左)と今季限りでの現役引退を発表した石川直宏(右)

欧州再挑戦の松井大輔、引退表明の石川直宏。岐路に立つ81年組の現在地【「谷間の世代」と呼ばれて】

1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。同世代の代表的選手ともいえる石川直宏、松井大輔がキャリアのなかで重要な決断を下した今、81年組の面々に今一度フォーカスしたい。(文:元川悦子)

森保一

【英国人の視点】広島、ついに掴んだ今季初白星。2大エースの退団、過渡期に直面する“生みの苦しみ”

サンフレッチェ広島はクラブ史上初めて開幕から5試合勝利なしで、降格圏に沈んでいる。ピーター・ウタカと佐藤寿人の退団が響いたのか。期待の新戦力は軒並み結果を残せず苦しんでいる。ガンバ大阪戦で今季初勝利を挙げた元王者は、復権に向けて次のステップへ進もうともがいている。(取材・文:ショーン・キャロル)

金崎夢生

2017年はこの人物に注目! サッカー界を動かす30人のキーパーソン[日本編/30~21位]【編集部フォーカス】

例年通り、サッカー界にも多くの出来事が起きた2016年も終わり、新たな1年が始まった。それでは、2017年のサッカー界は誰が動かしていくのだろうか。注目すべきキーパーソンを紹介していこう。今回は【日本編/30~21位】をお届けする。

佐藤寿人

広島、故障者続出&浅野退団もあり不本意な1年に。2人の功労者が去り新たなサイクルへ【2016年Jリーグ通信簿】

今シーズンのJ1も全日程が終了した。この1年を振り返り、各クラブはどのようなシーズンを送ったのだろうか。今回は年間勝ち点6位で終えたサンフレッチェ広島を振り返る。

佐藤寿人

「ストライカーの評価は“ゴール”のみ」。サンフレッチェ広島・佐藤寿人が貫く得点を奪うことへの執着心

14試合ぶりにゴールを決めたサンフレッチェ広島・佐藤寿人。彼が自著『ゴールハンターバイブル』に明かしたゴールを奪うための思考法を紹介したい。(文:ジュニアサッカーを応援しよう!編集部)

佐藤寿人

究極のゴールハンター・佐藤寿人が明かす。育成年代のストライカーたちに捧げる得点を奪うための思考法とは?

2015年シーズンまで12年連続で二桁得点を記録し、昨シーズンにはJ1・J2通算200ゴールを記録したサンフレッチェ広島・佐藤寿人。彼が自著『ゴールハンターバイブル』に明かしたゴールを奪うための思考法を紹介したい。

新着記事

↑top