扇原貴宏

横浜F・マリノス

マリノスが手にした「踏ん張れる強さ」。ラストプレーの劇的同点弾を生んだ団結力の秘訣

横浜F・マリノスは10日、J1リーグ第3節で川崎フロンターレと2-2の引き分けを演じた。チームの柱が出場できない中で、連覇中の王者に2度勝ち越されながら、ラストプレーで勝ち点1をもぎ取る。最後の最後まで諦めない姿勢には、数字で測ることのできない力強さがあった。(取材・文:舩木渉、データ提供:Wyscout)

20190223_kidaamano_getty

マリノスは異例の主将3人制。天野純と喜田拓也が語った強烈な覚悟、そして指揮官の意図とは?

いよいよJリーグも新シーズンが開幕を迎える。23日にはJ1第1節が行われ、横浜F・マリノスはアウェイに乗り込んでのガンバ大阪戦に挑む。アンジェ・ポステコグルー監督は、今季の行方を占う大一番の直前まで「キャプテン」を1人に決めていなかった。異例の体制を選んだ指揮官の意図、そして選手たちの思いに迫る。(取材・文:舩木渉)

扇原貴宏

「ボコボコにされてよかった」。横浜FMの扇原貴宏が3失点完敗でも下を向かない理由

明治安田生命J1リーグ第25節が9日に行われ、川崎フロンターレが3-0で横浜F・マリノスとの「神奈川ダービー」を制した。好調な両チーム同士の対戦として注目された一戦は3点という大差がついてしまったが、敗れた横浜FMは決して下を向くことはない。完敗とも言える試合をなぜポジティブに捉えられるのだろうか。(取材・文:舩木渉)

二川孝宏

今夏Jクラブ間で移籍した10人。巻き返しを期す各クラブの補強策。早くも負傷した選手も…【編集部フォーカス】

7月29日をもってJリーグの夏の移籍期間は終了。各チームはそれぞれの目標に向かうために戦力を整えた。今回は、今夏にJリーグ内での移籍が決まった選手のうち10人をピックアップする。

アギーレ監督「走れない選手はいらない」。自らの目で23人選出。「相手より攻撃仕掛ける」

アギーレ初陣2連戦の合格者は誰だ! 日本人離れした積極性示した武藤。新体制の象徴となるか

1分け1敗で2連戦を終えたハビエル・アギーレ監督。ブラジルW杯メンバーからは11人が変更となったが、この初陣で招集された選手の評価はどのようなものだったのだろうか?

20140909_muto_getty

若い力が躍動し、2点を奪うもドロー決着。アギーレ体制初勝利はならず

ウルグアイ戦から中3日、日本代表は横浜国際総合競技場でベネズエラと対戦した。武藤と柴崎が代表初得点を決めたが結果は2-2の引き分けに終わった。

20140909_daihyo_getty

日本対ベネズエラ。チームとしては一歩前進だが戦術以前の問題も。守備の基本技術があまりに低い【どこよりも早い採点】

9月9日、日本対ベネズエラの一戦が行われ、2対2で引き分けた。アギーレジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

「左には左を」。初戦から見えたアギーレ監督の利き足へのこだわり。坂井招集の理由も利き足にあり

「左には左を」。初戦から見えたアギーレ監督の利き足へのこだわり。坂井招集の理由も利き足にあり

就任2戦目となるベネズエラ戦を迎えるハビエル・アギーレ監督。初戦を終え、4-3-3のシステムやショートカウンターのスタイル、新戦力の起用など多くの変化が見られるが、最も大きな特徴は「利き足」の部分だ。

20140907_aguirre_getty

真の“カメレオン”への第一歩だったウルグアイ戦。特定の戦術にこだわらないアギーレ監督の狙い

初陣となったウルグアイ戦で敗れた日本代表。アギーレ新監督は試合の中で様々なことを試した。その理由は前体制時代にはなかった“柔軟性”を身に付けるためだ。どんな相手にも対応できる、カメレオンとなるための第一歩とも言える。

20140906_aguirre2_getty

見どころなく、極めて低調だった新生日本代表。チームを“破壊”したアギーレ、驚きのスタメンに隠された意図とは?

アギーレジャパンにとって初陣となったウルグアイ戦。日本は0-2と敗れた。低いパフォーマンスで終わってしまった理由は何なのか? また驚きのスタメンとも言えたが、それに隠された新監督の意図とは?

新着記事

FChan TV

↑top