進藤亮佑

1109Daihyo_getty

日本代表に初選出。進藤亮佑、荒木隼人、古橋亨梧、オナイウ阿道がチームにもたらす新たなオプションとは?

日本代表は14日に2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選・キルギス戦、19日にキリンチャレンジカップ2019・ベネゼエラ戦を戦う。2試合で9人を入れ替える変則的なメンバー選考により、進藤亮佑、荒木隼人、古橋亨梧、オナイウ阿道が初選出。彼らが日本代表にどのようなプレーをもたらすのか、彼らの特徴を見ていきたい。(文:河治良幸)

Jリーグ

平畠啓史さん選定! Jリーガー能力別No.1プレーヤー。世界に知ってほしい名手たち(後編/2019年版)【編集部フォーカス】

Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さんが、各能力部門の中で最も優れたJリーガーを選定。「能力別No.1プレーヤー」には、一体誰が選ばれるのだろうか。今回は後編。(選定:平畠啓史、取材・文・構成:小澤祐作)

0830jleague

進藤亮佑、小池裕太、名古新太郎、宮原和也、中谷進之介、古橋亨梧、川辺駿、永戸勝也…彼らを日本代表に推す理由【西部の目】

カタールワールドカップ・アジア2次予選、日本代表は9月10日に初戦のミャンマー戦を迎える。今夏のコパ・アメリカ2019(南米選手権)では、五輪世代とA代表の融合が図られたが、その間の世代にもJリーグで活躍する実力者は多い。そこで今回は、五輪世代より年長で、Jリーグで活躍する選手を取り上げていく。(文:西部謙司)

J1ベストプレーヤー

J1、ポジション別ベストプレーヤー5選(CB編)。Fチャン編集部選定、今季の主役となった男たち【編集部フォーカス】

2018シーズンのJ1リーグが川崎フロンターレの優勝で幕を閉じた。最後の最後まで激闘が繰り広げられた今季だが、1年通してハイパフォーマンスを披露した選手は誰なのだろうか。今回、フットボールチャンネル編集部では、2018シーズンJ1リーグのポジション別ベストプレーヤーを5人紹介。一体どの選手が名を連ねたのだろうか。

180422_sapporo2_getty

札幌、ミシャの下で台頭する若い才能。上位に食らいつく『ヤング・コンサ』の力

明治安田生命J1リーグ第9節が21日に行われ、北海道コンサドーレ札幌は浦和レッズと対戦し0-0で引き分けた。連勝は止まったものの、アジア王者を相手に粘り強い戦いを披露。今季から就任したミハイロ・ペトロヴィッチ監督のもとで新たなスタイルに取り組むチームは、勝ち点を重ねながら成長している。その中で、若手選手の奮闘も見逃せない。(取材・文:青木務)

180422_misya_getty

札幌はまだまだ強くなる。“ミシャ式”と昨季までのスタイル、融合の先にある歓喜

明治安田生命J1リーグ第9節が21日に行われ、北海道コンサドーレ札幌は浦和レッズと対戦し0-0で引き分けた。今季から就任したミハイロ・ペトロヴィッチ監督のもと、チームは新たなスタイルの習得に取り組んでいる。少しずつ形になり始めているが、彼らの武器はそれだけではない。(取材・文:青木務)

新着記事

↑top