鬼木達

Fch図版_fch

「ところが一転、驚愕の変貌を遂げた」。川崎フロンターレ、“止めて蹴る”の終焉…開幕戦で披露した姿とは?【データアナリストの眼力(3)】

“異端のアナリスト”庄司悟は3/8発売の『フットボール批評issue31』で、J1・J2・J3全クラブのコンセプトを信条である「一枚の絵」で浮かび上がらせた。今回は発売に先駆けてJ1開幕戦(川崎フロンターレ対横浜F・マリノス)を「一枚の絵」で示しつつ、早くも王者フロンターレの2021年度版コンセプトを暴いてみせた。連載全3回、今回は第3回。(文:庄司悟)

鬼木達

川崎フロンターレの『止めて蹴る』は「やっぱり違う」。評価すべきは名将・鬼木達監督の手腕【川崎Fのコンセプト・後編】

昨シーズン、川崎フロンターレがJリーグを独走したのは記憶に新しい。3/8発売『フットボール批評issue31』から、ドイツ・ブンデスリーガの名門シュトゥットガルトでコーチ経験のある河岸貴が、Jリーグの弱点を浮き彫りにし、「川崎フロンターレ対策」を徹底的にあぶりだした記事を発売に先駆けて一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(構成:石沢鉄平)

0226Kawasaki_getty

川崎フロンターレ、開幕戦予想スタメン&フォーメーション。Jリーグ王者の開幕スタメンを勝ち取る新加入選手は?

明治安田生命J1リーグ開幕戦、川崎フロンターレ対横浜F・マリノスが26日に行われる。2020シーズン王者と19シーズン王者の対戦が白熱した展開になることは間違いないだろう。今季の幕開けとなる一戦における、川崎フロンターレの予想先発メンバーとフォーメーションを紹介する。

川崎フロンターレ

川崎フロンターレはJ史上最も圧倒的。ここまで強い理由とは。キーポイントは王者陥落の昨季にあり?【英国人の視点】

明治安田生命J1リーグ第29節、川崎フロンターレ対ガンバ大阪は、5-0でホームチームが圧勝。この結果、川崎Fが2年ぶり3回目のJ1王者に輝いた。4試合を残しての優勝はJ1史上最速で、最多勝利数と最多勝ち点記録も更新するなど、まさに圧倒的な強さだった。なぜ、彼らはここまでの力を示すことができたのだろうか。(文:ショーン・キャロル)

0826Nagoya_getty

川崎フロンターレの連勝はなぜストップしたのか?「“悪くない”では勝てない」、無失点に封じた名古屋グランパスのプラン【週刊J批評】

明治安田生命J1リーグ、名古屋グランパス対川崎フロンターレが23日に行われ、1-0で名古屋が勝利を収めた。名古屋はいかにして、10連勝中だった川崎Fを倒したのか。ここ2試合で11得点を挙げていた川崎Fが無失点に封じられた理由に迫る。(取材・文:河治良幸)

0805kawasaki_getty

「Jリーグで1番」川崎フロンターレのベンチパワー。勝利を引き寄せる「交代枠5」の使い方【週刊J批評】

今季の明治安田生命J1リーグは交代枠が3名から5名に拡大されている。川崎フロンターレはこの一時的な規則改正を活用し、7連勝と好調を維持している。シーズンは夏場の過密日程に差し掛かったが、交代枠の活用が今季のJリーグのタイトルレースに影響を与えるだろう。(文:河治良幸)

新着記事

↑top