Home » ザックジャパン » Page 2

ザックジャパンの記事一覧

日本代表歴代監督が認める「天性のキャプテン」。長谷部誠に見るチームリーダーとしての資質

日本代表には欠かすことのできないキャプテン・長谷部誠選手。長谷部選手がリーダーとして、周囲から頼られる理由はどこにあるのでしょうか。(『ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.36』より一部転載)

アギーレ監督が指摘する日本サッカーに足りないもの。“ずる賢さ”が『勝利を掴む方法』

ハビエル・アギーレ監督によって率いられた日本代表が最初の2試合を終えた。わずかな時間の練習と2試合ではまだまだチームは完成形に至らないが、アギーレ監督はどのようなチーム作りを進めていくのだろうか?

「日本のプレーに関して予想外の驚きは何もなかった」前コートジボワール代表監督が語る、日本戦のキーポイント

『フットボール批評issue01』(カンゼン、9月4日発売)では、W杯で日本と対戦した前コートジボワール代表監督のサブリ・ラムシにインタビューしている。日本はなぜ丸裸にされたのか? 一部抜粋して掲載する(翻訳 田村修一)。

岡崎「普通のことだし新鮮」。本田らとの右サイド争いに意欲。アギーレ監督の4-3-3システムにも手応え示す

ザッケローニ体制では右サイドの主力として重宝され続けた岡崎慎司。しかし、アギーレ監督が採用を明言している4-3-3では本田圭佑とのポジション争いを求められる可能性が高まっている。

本日発売!『フットボール批評issue01』の特集は「惨敗の教訓 アギーレを殺すのは誰か?」

本日発売になった新サッカーオピニオン誌『フットボール批評issue01』。記念すべき刊行第一号目の特集は「惨敗の教訓 アギーレを殺すのは誰か?」。

ザックジャパン、W杯招集外の功労者たち。前田、ハーフナー、中村憲剛、細貝らが支えた4年間

ザックジャパンに招集されたメンバーは国内合宿を含めると100人を超える。そこから絞り込まれた23人のメンバー以外にも、チームを支えた功労者たちがいるのを忘れてはならない。彼らもW杯を一緒に戦った戦士たちであるのだから。ザックジャパンのブラジルでの戦いを総決算した『フットボールチャンネル03』(8月5日発売)より抜粋する。

「4年後はキャプテンに」。W杯では黒子に徹した清武。ロシアへ向けた決意

大舞台を目前に、控え組としてチームを盛り上げた清武。チームが勝つために何でもすると答えた男は言葉通りに献身的にサポートに回った。出場時間はわずか5分。日本代表の敗退が決まった翌日、次は自分が引っ張る立場になることを静かに宣言した。ザックジャパンのブラジルでの戦いを総決算した『フットボールチャンネル03』(8月5日発売)より抜粋する。

なぜ大久保は日本代表で“異物”となってしまったのか。切り札がピッチ上で感じた仲間とのズレ

Jリーグで申し分ない結果を残し、最後に代表へと滑り込んだ大久保。4年間の積み重ねがあるはずのチームに合流して感じたことはわずかな“ズレ”だった。ザックジャパンのブラジルでの戦いを総決算した『フットボールチャンネル03』(8月5日発売)より抜粋する。

サポートメンバーが見たW杯。2人の高校生の刺激になった代表選手のレベル・言葉・姿勢

今大会、日本代表のサポートメンバーとして高校生ふたりが帯同した。本来は米国合宿までという予定だったが、そのままブラジルの地まで行き一緒に戦うこととなった。大会の空気に直接触れることができた若者たちは、今回の敗北から何を得たのだろうか。ザックジャパンのブラジルでの戦いを総決算した『フットボールチャンネル03』(8月5日発売)より抜粋する。

ザックジャパンとは何だったのか? 指揮官の過失と問われる4年間の積み重ね

ヨーロッパの強豪クラブで手腕を発揮したイタリア人監督の就任。日本代表のさらなる成長が期待されたが、W杯ではグループステージ敗退。ザックジャパンのブラジルでの戦いを総決算した『フットボールチャンネル03』(8月5日発売)より抜粋する。

日本代表・惨敗の内実【その3】選手に飽きられてしまったザック。大久保電撃招聘の是非

ブラジルW杯に臨んだ日本代表はグループリーグで敗退してしまった。「自分たちのサッカー」は実践できず、事前に指摘されていた欠点ばかりが目立つ大会になってしまったが、コンディショニングやキャンプ地の選定に問題はなかったのであろうか。GL敗退直後、今大会を現地取材した4人のライターが、徹底討論した。

日本代表・惨敗の内実【その2】指揮官のサイド放棄で失われたバランス。柿谷の不調で狂ったプラン

ブラジルW杯に臨んだ日本代表はグループリーグで敗退してしまった。「自分たちのサッカー」は実践できず、事前に指摘されていた欠点ばかりが目立つ大会になってしまったが、コンディショニングやキャンプ地の選定に問題はなかったのであろうか。GL敗退直後、今大会を現地取材した4人のライターが、徹底討論した。

新着記事

↑top