Home » ザックジャパン » Page 3

ザックジャパンの記事一覧

日本代表・惨敗の内実【その1】賞味期限切れだったチーム。コンディション調整重視で連携は強化されず

ブラジルW杯に臨んだ日本代表はグループリーグで敗退してしまった。「自分たちのサッカー」は実践できず、事前に指摘されていた欠点ばかりが目立つ大会になってしまったが、コンディショニングやキャンプ地の選定に問題はなかったのであろうか。GL敗退直後、今大会を現地取材した4人のライターが、徹底討論した。

ザックジャパンはなぜ攻撃偏重のスタイルだったのか?“自分たちのサッカー”から考える日本の進むべき道

2014年ブラジルW杯。日本はグループリーグ1分2敗、勝ち点1の最下位で大会から姿を消した。攻撃的スタイルを貫いたものの得点は3試合で2得点しか奪えなかった。この敗北を受けて、日本サッカーは方向転換をすべきなのだろうか。今大会を通じて見えた日本の課題を考える。

【欧州最先端の戦術分析】ザックジャパン、3つの敗因。日本らしいサッカーを進化させるために必要なこととは?

日本には何が足りなかったのだろうか。スペインでの指導経験が豊富で、『サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である』の著者である坪井健太郎氏が、グループリーグで姿を消した日本代表の敗因と課題を分析した

レヴィー・クルピが語る、日本がW杯で実力を発揮できなかった最大の要因とJリーグへの提言

元セレッソ大阪監督で現在はアトレチコ・ミネイロ監督のレヴィー・クルピが見た日本の敗因、そしてこれから取り組むべき課題とは? 香川真司、柿谷曜一朗、山口蛍らを育て上げた名伯楽に話を聞いた。

「まだ同じレベルで戦えるわけじゃない」。小野、闘莉王、阿部が語るザックジャパンの敗因

ブラジルW杯を惨敗で終えた日本代表。かつて日の丸を背負って戦った選手たちは、今大会のチームをどう見たのだろうか? その言葉には、今後の日本サッカーが成長する上で重要なことが散りばめられていた。

元イタリア代表監督が語る日本の敗因。「守備があまりに脆弱。前と後ろでまるで別なチーム」

かつてイタリア代表を指揮したロベルト・ドナドーニ監督。彼の目にW杯グループC、そして日本代表はどのように写ったのか。独占インタビューをお届けする(翻訳:宮崎隆司)

日本代表、4年後へ向けた3つの課題。「自分たちのサッカー」「戦術理解度」「無意味な親善試合」

日本代表はブラジルで敗れた。果たして、何が敗因だったのか。そして4年後に向けての課題とは? 弱点を直視し、改善していかなければならない。

暑さに苦しんだイタリアと日本。両国のW杯大会前トレーニングは正しかったのか?

ブラジルW杯で選手たちを苦しめた要素の一つに、厳しい気候がある。敗退したイタリアは暑さに苦しみ、日本も動きにキレがなかったことから涼しいイトゥでのキャンプには批判が出た。両国のW杯へのアプローチは正しかったのか? かつて伊五輪代表などでフィジカルトレーナーを務めたマッティア・トッフォルッティ氏に聞いた。

【フットボール“トーク”チャンネル第2回】10人で引いた相手を崩せなかったギリシャ戦。パワープレー自体は当然。問題は準備不足

トークショー「フットボール“トーク”チャンネル」。植田路生編集長、西部謙司氏、チェーザレ・ポレンギ氏がブラジルW杯で惨敗した日本代表を語る。今回は第2戦ギリシャ戦について。

しゃべりすぎた日本代表。対戦国密着取材から見えたメディア対応の違い。記者への厳しい環境がサッカー文化の醸成促す

連日メディアに載る選手コメント。しかし、これは他国と比べれば特殊な状況だ。選手たちはしゃべりすぎることで間接的に意見のズレを知り、対立軸が生まれてしまう。そして、日本も厳しい取材制限を敷くことで記者は各国の幅広い取材を求められ、サッカー文化の醸成に繋がる。

【フットボール“トーク”チャンネル第1回】コートジボワール戦で封じられた香川&長友の左サイド。要因は「弱いチームとばっかり試合をやっているから」

トークショー「フットボール“トーク”チャンネル」。植田路生編集長、西部謙司氏、チェーザレ・ポレンギ氏がブラジルW杯で惨敗した日本代表を語る。今回は第1戦コートジボワール戦について。

英国人記者が見た日本代表。弱いメンタル、脆すぎる自信、間違えた戦術、JFAからの無理難題

1分2敗の惨敗でブラジルW杯を去った日本代表。相手との明確な差が露呈したコロンビア戦。この敗戦から見えた日本代表の課題とは?

10番としての責任、そして挫折。香川が感じた本当のトップとの差。「もっと厳しい環境で勝ち取るしかない」

エースとして期待されながら、1ゴールも挙げることが出来ずに初のW杯を終えた香川真司。マンチェスター・ユナイテッドでの苦しいシーズンに続いて屈辱的な思いを味わったなかで、何を思ったのだろうか。

日本代表が見ていなかった“相手の顔”。惨敗から残った希望とザックの遺産

グループC最下位で敗退が決定し、退任を表明したザッケローニ監督。3試合で1分2敗と結果を残せなかった要因とは? そして、ザッケローニ監督が4年間で残したものとは?

新着記事

↑top