2009年Jリーグ。鹿島が3連覇、やっぱり2位じゃダメなんです。香川真司はJ2で得点王に【Jリーグ平成全史(17)】

2019年05月03日(Fri)7時00分配信

シリーズ:Jリーグ平成全史
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ベストイレブン、個人賞

小笠原満男 オリヴェイラ
鹿島の3連覇をけん引した小笠原満男が年間MVP、オリヴェイラ監督が年間最優秀監督に(写真は2010年ゼロックス・スーパー杯でのもの)【写真:Getty Images】

ベストイレブン
GK:川島永嗣(川崎フロンターレ)
DF:岩政大樹(鹿島アントラーズ)
DF:田中マルクス闘莉王(浦和レッドダイヤモンズ)
DF:内田篤人(鹿島アントラーズ)
DF:長友佑都(FC東京)
MF:小笠原満男(鹿島アントラーズ)
MF:石川直宏(FC東京)
MF:中村憲剛(川崎フロンターレ)
MF:遠藤保仁(ガンバ大阪)
FW:岡崎慎司(清水エスパルス)
FW:前田遼一(ジュビロ磐田)

 ベストイレブンが全員日本人選手で占められるのはJリーグ史上初のことで、メンバーを見ても日本代表クラスばかりだ。中でも川島、長友、石川、岡崎、前田は初受賞。のちに欧州へ飛び立ち、ワールドカップで日本代表をけん引する川島や内田、長友、岡崎といった選手たちが含まれている、印象深い選出となった。

個人賞
最優秀選手賞:小笠原満男(鹿島アントラーズ)
得点王:前田遼一(ジュビロ磐田)
新人王:渡邉千真(横浜F・マリノス)
フェアプレー個人賞:川島永嗣(川崎フロンターレ)、服部公太(サンフレッチェ広島)
最優秀選手賞:オズワルド・オリヴェイラ(鹿島アントラーズ)
優秀審判賞:西村雄一
優秀副審賞:相楽亨
功労選手賞:小村徳男、加藤望、名波浩、福西崇史、森岡龍三、森島寛晃

 年間MVPは鹿島3連覇の立役者となった小笠原の手に渡った。そしてオリヴェイラ監督は、鹿島の黄金期を築いて年間最優秀監督賞を3年連続で受賞している。浦和のエジミウソンや川崎Fのジュニーニョといった並み居る外国人ストライカーたちを抑えて得点王に輝いたのは前田遼一。J1の日本人得点王は2002年の高原直泰以来だった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top