東京五輪に参加する男子サッカー日本代表(U-24日本代表)は、12日と17日に国際親善試合が予定されている。今回はU-24世代に3人のオーバーエイジを加えた18人のメンバーと4人のバックアップメンバーを紹介する。※U-24通算成績は2017年12月以降の東京五輪世代(現U-24日本代表)のもの


GK

大迫
【写真:Getty Images】

大迫敬介(おおさこ・けいすけ)
所属クラブ:サンフレッチェ広島
生年月日:1999年7月28日(21歳)
A代表通算成績:2試合4失点
U-24通算成績:8試合12失点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 東京五輪世代のGKで唯一A代表での出場経験があるのが大迫敬介だ。2019年6月のコパ・アメリカ(南米選手権)でA代表デビューを果たし、この世代の正GKを務めてきた。サンフレッチェ広島のユース在籍時にプロ契約を結び、トップチーム昇格2年目に正GKに抜擢されている。冷静かつ正確にボールをつなぐ足元の技術と、セービングに定評がある。6月は控えに回る試合が多かったが、谷晃生とのポジション争いに挑む。

谷
【写真:Getty Images】

谷晃生(たに・こうせい)
所属クラブ:湘南ベルマーレ
生年月日:2000年11月22日(20歳)
A代表通算成績:出場なし
U-24通算成績:4試合0失点

 ジャンルイジ・ブッフォンに憧れた男が東京五輪の舞台に臨む。谷晃生は高校2年時にJ3のガンバ大阪U-23でJリーグデビュー。昨年からは湘南ベルマーレに期限付き移籍し、J1の舞台で正GKとして活躍している。190cmの長身を活かしたダイナミックなセーブと、ハイボール処理時の守備範囲の広さには特筆すべきものがある。今季に入って安定感と凄みを増すそのパフォーマンスに期待がかかる。

鈴木
【写真:Getty Images】

※バックアップメンバー
鈴木彩艶(すずき・ざいおん)
所属クラブ:浦和レッズ
生年月日:2002年8月21日(18歳)
A代表通算成績:出場なし
U-24通算成績:1試合0失点

 鈴木彩艶は3年後のパリ五輪への出場資格を持つ世代だが、将来に向けて経験を積ませるための選出というわけではない。浦和レッズでは日本代表通算31試合出場を誇るベテラン西川周作から一時はポジションを奪っている。このチームには最終選考となった5、6月でアピールに成功してバックアップメンバーに滑り込み。恵まれた体格を活かしたビッグセーブや、ハーフウェイライン付近まで届く正確なスローなど、潜在能力は一級品だ。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top