アレクサンドル・ラカゼット

ウナイ・エメリ

アーセナルが依然改善されない3つの課題とは? 降格圏内の相手を前に無残な姿…いまも続く「無策」状態

プレミアリーグ第13節、アーセナル対サウサンプトンの一戦が現地時間23日に行われた。結果は2-2の引き分けに終わった。しかし内容はホームのアーセナルが何とか引き分けに持ち込んだ試合で、負けていてもおかしくはなかった。そして相変わらず指揮官は対策を練ることをせず、丸腰で挑んでいる。そしてこの試合で見えた3つの課題とは?(文:松井悠眞)

世界最高のストライカーは誰だ!CF能力値ランキング20位〜16位、衰えを知らないサッカー界のザ・モンスターがランクイン!Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の名手たちの各能力を独断で数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する。

エメリ

アーセナルは最悪記録更新…問題点はどこにあるのか。好調レスターに為す術なし

プレミアリーグ第12節、レスター対アーセナルの一戦が現地時間9日に行われ、結果はホームチームが2-0と勝利した。ウナイ・エメリ監督の解任が現実を帯びていく中でこの試合は是が非でも勝ちたかったアーセナル。守備意識を高く持って挑むも、その姿勢からは勝ちたいという気持ちは見られなかった。(文:松井悠眞)

ウナイ・エメリ

アーセナルはホームで2点先取も逃げ切れない…課題は山積み、もう美しいパスサッカーは見られないのか

プレミアリーグ第10節、アーセナル対クリスタル・パレスの一戦は2-2の引き分けに終わった。アーセナルはこの試合は早い段階で2得点を先取しながらも、結局逃げ切ることが出来なかった。そしてこの試合も今季のアーセナルを象徴させるゲームとなってしまった。(文:松井悠眞)

0902aubameyang2_getty

アーセナル、中央で蘇ったオーバメヤン。“いい時間帯”に試合を決めるストライカーの非凡な才能

プレミアリーグ第4節、アーセナル対トッテナムのノースロンドンダービーが現地1日に行われ、2-2で引き分けた。アーセナルは2点を先行されたものの、そこから盛り返して勝ち点1を獲得。ウナイ・エメリ監督が施した交代策によって、エースストライカーの非凡な才能が最大限に生かされた。(文:加藤健一)

5031%e3%82%a8%e3%82%b8%e3%83%ab

EL決勝、チェルシー対アーセナルはなぜ3点差もついたのか? 完璧なはずの守備戦術が破綻した理由

ヨーロッパリーグ決勝、チェルシー対アーセナルが現地時間29日に行われ、4-1でチェルシーがタイトルを手にした。スコアほどの差はなかった両チームだが、アーセナルはなぜ4失点を喫したのか。完璧だった前半から後半に崩壊した理由を探る。(文:内藤秀明)

アーセナル

アーセナル、屈辱的大敗の理由。チェルシーにやられ放題となった45分間、沈黙した強力な武器

ヨーロッパリーグ決勝、チェルシー対アーセナルが現地時間29日に行われ、4-1で前者が勝利を収めている。来季のCL出場権獲得のため、是が非でも勝利が欲しかったアーセナルだが、ライバルクラブ相手に屈辱的な大敗を喫し、アゼルバイジャンの首都バクーで涙を流す結果となった。敗因は一体どこにあるのだろうか。(文:小澤祐作)

0529arsenal

アーセナル、EL決勝予想スタメン。初のEL優勝、2度目の欧州タイトルを狙う11人は誰だ?【編集部フォーカス】

ヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー対アーセナルが現地時間29日に行われる。1993/94シーズンのUEFAカップウィナーズカップ優勝以来、2度目の欧州国際タイトルを狙うアーセナルはどのようなメンバーで臨むのだろうか。先発出場が予想されるアーセナルの11人を紹介する。

新着記事

↑top