スウェーデン

ロナウド フンメルス イブラヒモビッチ タディッチ

肉体美で女性を虜にする10人。勝手に査定!最高の“美BODY”を持つのは誰?【再掲】

ゴール後にユニホームを脱いで仲間たちと喜ぶ姿を密かに楽しみにしている女性ファンは多いはず。ただ、ユニホームを脱ぐ行為は反則となりイエローカードを提示されてしまう…。しかし、選手のユニホームの下にはカードを提示されてでも見せたい肉体美が隠されている!そこで今回は、ゴール後のパフォーマンスや試合後に見せた、美しく鍛え上げられた肉体、“美BODY”を持つ選手10人を紹介する。触り心地、ツヤ、ハリ、バランス等の観点から「美BODY度」をSからDの5段階で勝手に査定した(全て想像です)。最高ランクSの“美BODY”を持つ選手は果たして誰なのか?(2018年10月22日のものを再掲載)

イブラヒモビッチ

イブラヒモビッチ、伝説の名言5選。ズラタンこそが世界一!?なぜか心を掴む“王様”な言葉たち

ズラタンがヨーロッパに戻ってきた。ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了となったズラタン・イブラヒモビッチが、今冬38歳にして古巣であるACミランに復帰。11日のカリアリ戦ですでに復帰後初ゴールを記録している。今回は、度々世間を騒がせながらもなぜか心を掴む、彼の数ある“王様”な発言の中から5つを紹介していく。

新着記事

↑top