ステファノ・ピオリ

ズラタン・イブラヒモビッチ

イブラヒモビッチに“頼り切り”。ミランが格下相手に大苦戦した理由。アイデアを欠いた虚しき90分

セリエA第29節、SPAL対ミランが現地時間1日に行われ、2-2のドローに終わっている。リーグ再開後、レッチェ、ローマに連勝と好調だったミランだが、この日は残留争いに苦しむ相手に勝ち点2ポイントを取り損ねた。ズラタン・イブラヒモビッチ復帰などはポジティブな要素だが、一体なぜ苦戦を強いられたのか。(文:小澤祐作)

ユベントス

C・ロナウドPK失敗も小事。ユベントスに感じた余裕ぶり。ミランが脅威ではなかった理由

コッパ・イタリア準決勝2ndレグ、ユベントス対ミランが現地時間12日に行われ、0-0のドロー。2戦合計スコアの結果、ユベントスが決勝戦へ駒を進めることになった。クリスティアーノ・ロナウドがPKを失敗するなど、得点こそ奪えなかったユベントスであるが、余裕ぶりは最後まで続いていた。(文:小澤祐作)

ミラン

ミラノダービー、神様イブラヒモビッチ降臨も…ミランはなぜ崩壊したのか? インテルが蘇った45分間

セリエA第23節、インテル対ミランが現地時間9日に行われ、4-2でインテルが勝利している。前半はイブラヒモビッチの1得点1アシストなどで2-0とリードしたミランだったが、後半に守備が崩壊。4失点を喫した。この逆転劇はどのようにして起こったのか。(文:小澤祐作)

セリエA

あのC・ロナウドも苦戦。ミランは大健闘。それでも…ユベントスとの違いはどこにあったのか?

セリエA第12節、ユベントス対ミランが現地時間10日に行われ1-0でホームチームが勝利している。今季のセリエAで無敗を維持するユベントスが有利という試合前の予想だったが、ミランはそれを裏切る大健闘を見せた。しかし、最後はディバラの一撃に屈し敗北。C・ロナウドなども苦しめながら、最後に浮き彫りとなった差とは?(文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

↑top