ダビド・シルバ

20210125_o34spain_getty

ベテランスペイン代表最高額ベストイレブン。34歳以上から市場価値で選出、Jリーグで輝くあの名手も

毎年12月、FIFA(国際サッカー連盟)は年間表彰式を開催し、ベストイレブンをはじめとした各賞を発表する。その年に活躍した選手が選出されるこのベストイレブンとは別に、市場価値が高いベストイレブンを組むとどのような顔ぶれが並ぶだろうか。今回フットボールチャンネル編集部は、「4-3-3」の布陣に最も市場価値が高い34歳以上のスペイン人選手を配置した11人を紹介する。※データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値を元に作成、成績は1月24日時点

20210121_ossaneleven_getty

ベテラン世界最高額ベストイレブン。34歳以上から市場価値で選出、欧州トップレベルで輝く最強のおじさんたち

毎年12月、FIFA(国際サッカー連盟)は年間表彰式を開催し、ベストイレブンをはじめとした各賞を発表する。その年に活躍した選手が選出されるこのベストイレブンとは別に、市場価値が高いベストイレブンを組むとどのような顔ぶれが並ぶだろうか。今回フットボールチャンネル編集部は、「4-2-3-1」の布陣に最も市場価値が高い34歳以上の選手を配置した11人を紹介する。※データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値を元に作成、成績は1月20日時点

ダビド・シルバ

アーセナルにそれこそダビド・シルバのような選手がいれば…。チームに欠ける重要な要素とは?【グアルディオラの弟子を超えて・後編】

アーセナルを特集した9/7発売『フットボール批評issue29』から、結城康平氏の“監督アルテタ”の思想を探った「グアルディオラの弟子を超えて」を、一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:結城康平)

レアル・ソシエダ

レアル・ソシエダって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ダビド・シルバ加入で首位快走、育成と補強が最高のバランスに

現在ラ・リーガを引っ張っているのはレアル・マドリードでもバルセロナでもない。レアル・ソシエダである。イマノル・アルグアシル監督は生え抜きの若手選手たちをチームの中心に据えながら、足りない部分に外部から選手を獲得し、育成と補強のバランスが最高に噛み合ったチームを作り上げた。今季はダビド・シルバの加入も大きなニュースになったレアル・ソシエダの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

0908ManCity_getty

マンCが狙う最大の補強は? ナタン・アケとフェラン・トーレスはどう起用されるか【プレミアBIG6補強戦略(5)】

今夏は昨年までの移籍市場とは状況が違う。新型コロナウィルスの影響で、財政難に苦しむクラブが多く、売りたいチームが多い一方で、買い手側のクラブで資金が潤沢なのはごく一部。そのため多くの交渉が非常に難しい状況になっている。あるいは資金を準備できず、トレードでの移籍も増えそうな夏でもある。一方で補強の動きを止めれば、チームの新陳代謝が止まってしまう。各クラブ工夫を重ねて強化を成功させようとしている。そんな特別な夏におけるプレミアリーグBIG6の補強はどうなっていくのだろうか。今回はマンチェスター・シティを解説していく。(文:内藤秀明)

20200827_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(7)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている(イタリアは9月より)。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はダビド・シルバ、ルカ・ヴァルトシュミット、ペドロ・ポロ、パブロ・マリ、モハメド・クドゥスの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

新着記事

↑top