ラヒーム・スターリング

0819debruyne_getty

圧巻のデ・ブルイネ。それでも…マンC戦2-2に持ち込んだトッテナムの意図とは?

プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティ対トッテナムの一戦は2-2でドロー。多くの時間帯でシティが支配する展開だったが、結果的にポチェッティーノ監督はドローに持ちこんだ。アルゼンチン人監督にはどのような意図があったのだろうか。(文:内藤秀明)

マンチェスター・シティ

王者・マンC、異次元レベルの強さ。ウェストハムを完封、得点シーンに共通する質の高さとは

プレミアリーグ第1節、ウェストハム対マンチェスター・シティが10日に行われた。昨季王者のシティは立ち上がりこそやや苦戦した印象も抱いたが、25分に先制に成功するなどさすがの力を発揮。とくに後半は凄まじい破壊力を見せ、いきなり5-0の大勝を収めた。この試合では、シティの高い質が明らかとなったが、果たしてそれはどういった部分にあったのだろうか。(文:小澤祐作)

パク・イルギュ

マンC戦、マリノスはグアルディオラを本気にさせた。半年前はJ3、GKパク・イルギュが体感した世界との差

横浜F・マリノスは27日、EUROJAPAN CUP 2019でマンチェスター・シティと対戦した。シティ・フットボール・グループの中で哲学を共有する両チームの歴史的な一戦。1-3で敗れたものの、マリノスの選手たちは名将ペップ・グアルディオラの前で大いなる可能性を示した。半年前までJ3でプレーしていたGKパク・イルギュの視点で、シティと刃を交えた経験が持つ意味を考察する。(取材・文:舩木渉)

0712mancity01

マンCの“最新版”戦術とは? あまりに強すぎた理由と驚異的だったチームと選手の進化【18/19シーズン総括(2)】

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はマンチェスター・シティを振り返る。(文:内藤秀明)

シーズンランキング

2018/19シーズン、ポジション別活躍度ランキング・WG編。アザールにマネ、気になるメッシの順位は?(5位~1位)

フットボールチャンネル編集部が、2018/19シーズンのポジション別活躍度ランキングを選定。今回はウィング(WG)の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

シーズンランキング

2018/19シーズン活躍度ランキング。トップ10入りを逃すも、凄まじすぎる活躍を見せた名手たち(15位~11位)

フットボールチャンネル編集部が、2018/19シーズンの活躍度ランキングを選定。今回は15位~11位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

0527premier

18/19プレミアリーグベストイレブン。Fチャン編集部が選定、リーグを彩った名手たち【編集部フォーカス】

プレミアリーグで10年ぶりとなる連覇を達成したマンチェスター・シティと、2位としては史上最多となる勝ち点97を獲得したリバプール。両チームによるハイレベルな優勝争いが注目となった今季のプレミアリーグで、どのような選手たちの輝きが目立っていたのだろうか。フットボールチャンネル編集部が選んだ2018/19シーズンのプレミアリーグベストイレブンを発表する。

新着記事

FChan TV

↑top