宮本恒靖

イケメン監督フォーカス

選手よりもイケてる!?イケメン監督5人。セクシーでダンディなおじさまたち(後編)

世界には女性たちを虜にし続ける多くのサッカー選手がいる。しかし、ベンチにも魅力的な“おじさま”がいることを忘れてはならない。今回は、20代や30代の現役選手では出すことのできないであろう“大人の魅力”を身に纏った、セクシーでダンディなサッカー監督5人を紹介する。(2018年8月14日掲載のものを再編集)

イケメン監督フォーカス

選手よりもイケてる!?イケメン監督5人。セクシーでダンディなおじさまたち(前編)

世界には女性たちを虜にし続ける多くのサッカー選手がいる。しかし、ベンチにも魅力的な“おじさま”がいることを忘れてはならない。今回は、20代や30代の現役選手では出すことのできないであろう“大人の魅力”を身に纏った、セクシーでダンディなサッカー監督5人を紹介する。(2018年8月14日掲載のものを再編集)

ガンバ大阪

ガンバ大阪が止まらない。J1屈指のタレント力で勝ち点大稼ぎ、盤石ではないが強いその理由は?【週刊J批評】

宮本恒靖監督率いるガンバ大阪が好調だ。現在、明治安田生命J1リーグでは引き分けを挟んで7連勝中と勝ち点を次々と稼いでいる。試合内容で相手を大きく上回っているわけではないにもかかわらず、なぜガンバ大阪は白星を奪い続けることができるのだろうか。(文:河治良幸)

ガンバ大阪

ガンバ大阪、昌子源の加入で総合力がアップ。王座奪還へ、カギを握るのは?【2020年J1補強診断】<再掲>

2020年のJリーグが開幕する。新シーズンに向けJ1各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、昨季J1で7位という成績に終わったガンバ大阪を取り上げる。(文:編集部)※2020年2月11日のものを再掲

0602daihyoCB_getty

日本代表センターバックの系譜。井原正巳から吉田麻也まで、W杯で強豪国のFWに対峙したDFたち

日本代表は初出場から6大会連続でワールドカップ本大会に出場している。その間、「アジアの壁」と称された井原正巳からプレミアリーグで長く活躍した吉田麻也など、多くのセンターバックが日本代表でプレーしてきた。そこで今回は、1998年のフランス大会からロシア大会まで、ワールドカップ当時のセンターバックのレギュラーを紹介する。※所属チームは大会前時点、年齢は初戦時点のもの。

0529daihyo_getty

日本代表、背番号5の系譜。ワンダーボーイから長友佑都まで、指揮官と確固たる信頼関係を築いた選手たち

日本代表は初出場となった1998年のフランスワールドカップから数えて6大会連続でワールドカップ本大会に出場している。背番号5を背負った選手たちは、大舞台でどのような活躍を見せたのか。今回はワールドカップで5番を背負った日本代表選手を大会ごとに紹介する。※所属チームは大会前時点、年齢は初戦時点のもの。

ガンバ大阪

ガンバ大阪、5年間の歴代フォーメーション。際立つ近年の低迷ぶり、4季連続無冠で薄れる強者の姿

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっていることがわかる。今回、フットボールチャンネルでは、ガンバ大阪の過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

倉田秋

ガンバ大阪が証明した王者マリノス攻略法。変則システムと狙っていた攻撃パターンの全貌

昨季15年ぶりのJリーグ制覇を成し遂げた横浜F・マリノスを倒すべく、どのチームも入念な策を練ってくるだろう。その攻略法の一端を、ガンバ大阪が今季開幕戦でいきなり示して見せた。宮本恒靖監督が1週間かけて徹底的に仕込んだ戦術の全てを、選手たちの言葉から紐解く。(取材・文:舩木渉)

新着記事

↑top