久保建英

fchantv#22

久保建英ってどんな選手? J1史上最強GKも発表 AKB小嶋真子×キンコン梶原【FChan TV #22】

Jリーグをはじめ、世界中のサッカー情報をAKB48の小嶋真子とともにお届けする『FChan TV』

平川怜

目標はイニエスタ。平川怜が掲げる理想のボランチ像。U-16代表、W杯出場権獲得へ高まる一体感

AFC・U-16選手権に参加しているU-16日本代表は、現地時間22日にグループステージ第3戦でオーストラリアと対戦する。すでに2試合連続で大勝を収め、決勝トーナメント進出を決めている日本にとっては、2大会ぶりとなるU-17ワールドカップ出場権獲得に向けて勢いづく勝利が欲しい。FC東京U-18の平川怜は、チームの集中力と一体感の重要性を強調。さらに自身が目標とするボランチ像を掲げ、「将来は海外のビッグクラブでプレーしたい」という夢を語った。(取材・文:元川悦子【ゴア】)

久保建英 リオネル・メッシ

久保建英を“日本のメッシ”と煽る危険性。天才少年苦しめたサッカー史最大の“奇跡”との比較

ことあるごとに話題にのぼる久保建英。以前はバルサに在籍し、現在もその才能をいかんなく発揮する久保には大きな注目が集まるが、スペイン在住記者はその状況に警鐘を鳴らす。“日本のメッシ”とメッシと比較することもあるが、果たしてそのような重圧のかけ方は選手育成にとって健全なのか。同様の騒動でかつては天才少年が苦しめられたことがあったのだ。(取材・文:山本美智子【バルセロナ】)

久保建英

久保建英という“いい刺激”。U-16代表にもたらす大きな効果、チーム内競争激化で選手ら成長

U-16日本代表は現地時間19日、グループステージ第2戦でキルギスと対戦。ベンチスタート予定から先発した久保建英、さらに棚橋尭士らのゴールラッシュにより8-0の圧勝を収め、決勝トーナメント進出を決めた。この世代では久保が大きな注目を集めているが、この試合でハットトリックを決めた棚橋は久保の存在に大きな刺激を受けているようだ。森山佳郎監督も「棚橋に注目してほしい」と、その才能を高く評価している。(取材・文:元川悦子【ゴア】)

U-16日本代表

U-16、次戦の期待懸かるC大阪組。柿谷・南野らの後継者となれるか【現地レポ】

現地時間の16日に行なわれたAFCU-16選手権インド2016・ベトナム戦で7-0で圧勝し、2大会ぶりのU-17ワールドカップ出場権獲得へ大きな一歩を踏み出した森山佳郎監督率いるU-16日本代表。一夜明けた16日はインドリーグのチャーチル・ブラザーズなどが使用しているティラク・マイダン・スタジアムで15時半から1時間強の軽い調整を実施した。(取材・文:元川悦子【ゴア】)

久保建英

最年少・久保建英が見せた老獪さ。本人は不満足も卓越したセンスで攻撃陣けん引【U-16日本代表】

16日に行われたU-16選手権の初戦。日本はベトナムに7-0と大勝した。大量得点の口火を切ったのは久保建英。鮮やかなFKを決め、後半にもエリア内を切り裂いてゴール。本人は納得いくプレーではなかったようだが、チーム最年少からは老獪さも感じるパフォーマンスだった。(取材・文:元川悦子【ゴア】)

新着記事

FChan TV

↑top