小川由紀子

学生時代からブリティッシュロックを愛好し、1992年に渡英。音楽三昧のロンドン生活の傍ら、人々の生活や文化に深く根付いたフットボールに魅せられ、1996年の欧州選手権開催に盛り上がる中、フットボール取材を開始。サッカー界が金満ワールドに染まりきる前の、古き良き時代の最後の名残を慈しむ。その後フランスに渡り、現在はパリを拠点に、フランスリーグを中心とした欧州サッカーやバスケットボール、自転車ロードレースなどの取材、執筆に勤しむ。

フランス代表

フランス代表、W杯のその後。オランダに敗戦で「祭りの終わり」、世界王者が直面した現実

ロシアW杯で王者に輝いたフランス代表。もちろん、今年より新設されたネーションズリーグでも優勝の期待が高まっていたが、オランダ代表に首位の座を明け渡す形となり、まさかのベスト4進出を逃す形となった。NLでは、厳しい現実を突きつけられたと言えるだろう。(文:小川由紀子【フランス】)

リーグアン

フランスリーグはスター選手が来るのに輸出国? 輸入国ではない理由と五大リーグでの位置付け

ワールドカップで優勝したフランスだが、リーグアンは欧州五大リーグの中でも輸出国と言われる。パリ・サンジェルマンのネイマール、19歳でフランス代表の10番をつけているキリアン・エムバペら有名選手が所属するフランスリーグはイングランド、スペイン、ドイツ、イタリアのリーグに比べどんな違いがあるのか。現在のフランスリーグとは…(文:小川由紀子【フランス】)

ネイマール

ネイマールがとった”信じられない行動”。背景にある変化の芽生え、スーパースターが真のリーダーへ

ネイマールが好調を維持している。リーグ戦9試合を終え8得点4アシストと、申し分ない活躍だ。鳴り物入りで入団したスーパースターは今、パリ・サンジェルマンをけん引するリーダー的存在へと変化を果たしている。その理由はどこにあるのだろうか。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

トーマス・トゥヘル

トゥヘルがPSGにもたらす変化。工夫施す選手の徹底管理、良質なクラブを作り上げるその手腕

今季よりパリ・サンジェルマンを率いるトーマス・トゥヘル監督の評価が上がっている。リーグ戦7試合を終え全勝と、好成績を収めており、ピッチ外でもチームに和やかな雰囲気を与えている。今季のフランス王者は、これまでとは違ったチームになりつつあるだろう。(文:小川由紀子【フランス】)

リーグ1

日本人が渇望する『本物感』の欠如。ネイマールもいるのに? フランスリーグはなぜ人気がないのか

フランス、リーグ・アンの人気がない。PSGには世界有数のスターであるネイマール、最高の才能を持つエムバペ、マルセイユには日本人選手で最も欧州で活躍する酒井宏樹がいながらにして。その理由はどこになるのか。フランス在住記者が検証する。(文:小川由紀子【フランス】)

フランス代表

新たな主砲、エムバペと「真の中枢機関」グリーズマン。世界王者が見せた未知なる伸びしろ

ロシアワールドカップ(W杯)を制したフランスは、新たに開幕したUEFAネーションズリーグでドイツ、オランダと対戦した。ディディエ・デシャン監督は、この2試合を通してW杯と同じフィールドプレーヤーを起用した。しかし、その内容は全く異なるものだった。(文:小川由紀子【フランス】)

パリ・サンジェルマン

躍動するネイマール。PSG好調の要因、新指揮官がもたらした新たなスタイルとは?

パリ・サンジェルマンが好調を維持している。リーグ・アン3試合を終え全勝。プレシーズンマッチは若手を中心に戦ったため、ほぼぶっつけ本番でリーグに挑んだPSGはなぜここまで安定した強さを見せられるのか。その理由には、今季から王者の指揮を執るトーマス・トゥヘルの手腕があった。(文:小川由紀子【フランス】)

リーグ・アン

“世界王者”フランス、現地記者が次世代のスター6人を選出。W杯優勝国にひしめく有望株たち

ロシアW杯王者のフランス。その国内リーグであるリーグ・アンの幕開けが近づいている。プレミアリーグなどに比べ人気度が落ちる同リーグだが、将来有望な選手が多数いるのが実に魅力的なリーグでもある。そこで今回は、フランス在住の記者が注目する6人の若手選手をピックアップした。(文:小川由紀子【フランス】)

フランス代表

“アンチフットボール”など、「どーだっていい」。フランスを優勝に導いた草食男子の精神【ロシアW杯】

数々のドラマを生んだロシアワールドカップも幕を閉じた。同大会の頂点に立ったのは、フランス代表である。相手に対し、受け身に立つ姿勢に批判の声も多く聞かれるが、大舞台というプレッシャーを跳ね除け優勝を果たしたのは見事であった。(文:小川由紀子【フランス】)

フランス代表

フランス国民は優勝を確信。その理由は? 98年との共通点と20年ぶり栄冠が持つ意味【ロシアW杯】

現地時間15日、ロシアワールドカップ決勝戦フランス対クロアチアの試合が行われる。レ・ブルーは勝利すれば、98年大会以来20年ぶりとなる優勝を確定させることができる。当時と現在のチームにはいくつかの共通点もあり、国民はW杯制覇を確信している。そして何より、フランスにはW杯優勝への強い思いがある。(文:小川由紀子【フランス】)

フランス代表

フランス、理想的な強さの秘訣。根源にプラスαの存在、ベルギー戦勝利のカギはチャレンジャー精神【ロシアW杯】

現地時間10日にロシアワールドカップ準決勝、フランス対ベルギーの一戦が行われる。20年ぶりの優勝へ向け勢いに乗るレ・ブルーの強さの根源には一体何があるのだろうか。デシャン監督がもたらしたプラスαとは。(文:小川由紀子【フランス】)

乾&香川

フランスメディアが見た日本。「崇高」「貴重」。乾&香川を絶賛も…川島には再び低評価【ロシアW杯】

日本代表は現地時間2日、ロシアワールドカップ・決勝トーナメント1回戦においてベルギー代表に2-3で逆転負けを喫した。この一戦を、フランスメディアはどのように報じたのか。(文:小川由紀子【フランス】)

日本代表

仏メディアが見た日本。「日本の印象が台無し」。採点0も…露骨すぎた試合放棄に並ぶ苦言の数々【ロシアW杯】

日本代表は28日、ロシアワールドカップ・グループH第3節においてポーランド代表に0-1で敗れたものの、フェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を決めた。この一戦を、フランスメディアはどのように報じたのか。(文:小川由紀子【フランス】)

フランス代表

フランスが「メッシを葬り去る」。早くも8強入り楽観ムード? 優勝候補が描く夢のシナリオ【ロシアW杯】

豊富なタレントを揃えるフランス代表はグループリーグC組を2勝1分の首位で通過した。決勝トーナメント1回戦では、リオネル・メッシ擁するアルゼンチンと対戦する。前回大会準優勝チームが相手なため、一筋縄ではいかないだろうが、早くもフランス国内はベスト8入りを確信しているようだ。(文:小川由紀子【フランス】)

日本代表

フランスメディアが見た日本。「実にいい」伝説のFWも絶賛。一方、川島の真の評価は?【ロシアW杯】

日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループH第2節においてセネガル代表と2-2で引き分け、勝ち点を4に伸ばした。日本中が希望を抱いたこの一戦を、フランスメディアはどのように報じたのか。(文:小川由紀子【フランス】)

新着記事

↑top