J1全20クラブ総合評価ランキング。優勝候補のA判定、苦戦予想のE判定はどこ?【2021年版】

2021年のJ1リーグがまもなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回フットボールチャンネルでは20クラブの評価を紹介する。

2021年02月03日(Wed)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

目次

⚫︎A評価
⚫︎B評価
⚫︎C評価
⚫︎D評価
⚫︎E評価

A評価

Jリーグ
J1全20クラブそれぞれの総合力評価は?

川崎フロンターレ

 昨季は圧倒的な強さでJ1リーグ制覇を成し遂げた。主力のほとんどは残留したが、中村憲剛が現役を引退し、守田英正はポルトガル1部のサンタ・クララへ移籍。彼らの穴を埋められるかがリーグ連覇への大きなカギになるだろう。名古屋グランパスから加入したジョアン・シミッチには新たな中盤の柱として期待がかかる。アビスパ福岡で11得点を挙げ、J1リーグ昇格に大きく貢献して復帰することになった遠野大弥も初めてのJ1参戦でどのような活躍を見せてくれるか楽しみだ。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


ガンバ大阪

 昨季は後半戦に猛烈な追い上げを見せてJ1リーグで2位に入り、ACL出場権を獲得。天皇杯でも決勝に進出してフロンターレに肉薄した。オフに放出したのは昨季までU-23チームでプレーしていた若手たちや、主力ではない選手たち。一方、韓国代表で28試合の出場歴を誇るチュ・セジョン、ブラジル人のチアゴ・アウベスとレアンドロ・ペレイラを獲得。選手層の厚みを増して国内リーグとアジアの戦いに備えている。

名古屋グランパス

 昨季はJ1リーグ最少失点で3位に入り、9年ぶりにACL出場権を獲得。マッシモ・フィッカデンティ監督のチーム作りが軌道に乗りつつある。充実した戦力を誇るうえに、浦和レッズから長澤和輝、フロンターレから齋藤学、セレッソ大阪から柿谷曜一朗と日本代表歴のある実力者を獲得。サガン鳥栖でブレイクした森下龍矢、セレッソからディフェンスラインでも中盤でも高水準のプレーを約束する木本恭生も引き抜く大型補強を敢行した。過密日程を戦い抜く陣容が十分に整っている。

FC東京

 長谷川健太監督のもとで一致団結し、カタール集中開催となったACLでベスト16に進出。過酷なシーズンを戦い抜き、最後にはYBCルヴァンカップを制してタイトル獲得も達成した。主力の流出は一切なく、ブラジル代表歴のあるDFブルーノ・ウヴィニ、中盤のファイター・青木拓矢、ドイツでのプレー経験を持ちモンテディオ山形で評価を高めた渡辺凌磨を獲得。ピンポイント補強で戦力アップを果たしている。

【次ページ】B評価

1 2 3 4 5

新着記事

↑top