Home » 海外サッカー » 欧州チャンピオンズリーグ » 歴代最高は? 日本人欧州CL得点ランキング1~10位。最高峰の舞台で輝いたレジェンドたち » Page 6

歴代最高は? 日本人欧州CL得点ランキング1~10位。最高峰の舞台で輝いたレジェンドたち

2023年09月26日(火)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:南野拓実

ザルツブルクの南野拓実
【写真:Getty Images】


生年月日:1995年1月16日
CL出場クラブ:ザルツブルク(オーストリア)、リバプール(イングランド)
CL通算成績:15試合2得点3アシスト
代表通算成績:47試合17得点8アシスト

 15年冬に、セレッソ大阪からオーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクへ完全移籍を果たしたのがFWの南野拓実だ。

ザルツブルク時代は右WGをはじめ、前線ならサイド、中央を問わずプレーするポリバレントなアタッカーとして活躍。公式戦199試合に出場し64得点43アシストと素晴らしいスタッツを残している。

 そんな南野は19/20シーズンに出場したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで大きなインパクトを残した。アウェイゲームとなったリバプール戦に出場して1得点1アシストを記録し、前シーズンCL王者であるリバプールにその存在を強烈に印象付けた。さらに、同CLではKRCヘンク戦でも1得点をあげている。

 この活躍が目に止まり、南野は20年冬にリバプールへ移籍を果たす。同クラブでは公式戦55試合に出場し14得点3アシストを記録。同クラブではターンオーバー要員であったが、主にFAカップやリーグカップでチームに貢献した貴重な戦力であった。

 現在所属中のASモナコでは、8月のリーグ月間MVPに選ばれる活躍を見せる南野。この好調を維持して来季のCL出場権を獲得できれば、南野にとって3クラブ目のCL出場となる。3クラブでCLに出場した日本人選手は長友佑都のみであり、史上2人目の快挙を達成できるか注目だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top