フットボールチャンネル

フォーカス 3か月前

育成上手!? J1クラブ、アカデミー出身選手の総市場価値ランキング1〜10位。選手が育っているクラブとは?

シリーズ:クラブ市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田Jリーグの2024シーズンが2月23日に開幕した。J1リーグでアカデミー出身選手の総市場価値が最も高いのはどのクラブなのだろうか。今回はデータサイト『transfermarkt』が算出した最新版のJ1クラブ現役アカデミー出身選手の総市場価値をランキング形式で紹介する。※市場価値は2月27日時点。


10位:川崎フロンターレ

川崎フロンターレの脇坂泰斗
【写真:Getty Images】

監督:鬼木達

2023リーグ戦成績:8位(14勝8分12敗)

アカデミー出身選手の総市場価値:245万ユーロ(約3.43億円)

最高額選手:脇坂泰斗(130万ユーロ/約1.82億円)

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 川崎フロンターレは、三笘薫、田中碧、板倉滉、三好康児など海外で活躍できる優秀な選手を数多く輩出してきた。レアル・ソシエダでプレーする久保建英もその一人で、小学校3年生からバルセロナの下部組織に加入するまでの約1年間を川崎Fのアカデミーで過ごしていた。

 現在、同クラブに所属する選手のうち、アカデミー出身で市場価値が最高額となっているのがMF脇坂泰斗(130万ユーロ/約1.82億円)だ。2022年から中村憲剛氏が背負っていた背番号14をつけ、今季からはキャプテンも務める。公式戦通算206試合に出場している同選手は、今やクラブの象徴となりつつある。

 脇坂の他に現在トップチームでプレーする下部組織出身選手は8人おり、22歳の宮城天の市場価値は2番目となる35万ユーロ(約4900万円)。23歳の山田新が30万ユーロ(約4200万円)で3番目、19歳の高井幸大が25万ユーロ(約3500万円)で4番目と将来有望な若手が名を連ねている。

 アカデミーで育て、海外クラブへ輩出するなど育成という観点ではJリーグでもトップクラス。今後も優秀な若手の育成に期待がかかる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top