シュミット・ダニエル

日本

欧州移籍の日本人選手、その成績は? 北川航也、三好康児、安西幸輝、食野亮太郎、シュミット・ダニエルの活躍をチェック【編集部フォーカス】

今夏の移籍市場で多くの日本人選手が欧州への挑戦をスタートさせた。その中でFW北川航也、MF三好康児、DF安西幸輝、FW食野亮太郎、GKシュミット・ダニエルは開幕後、どのような活躍を見せているのか。各クラブでの出場時間や成績を紹介する。

シュミット・ダニエル

シュミット・ダニエル、自分探しの旅「一生サッカーと共に生きていくことを、決めたわけではない」【インタビュー後編】

GKシュミット・ダニエルがベガルタ仙台からベルギーのシント=トロイデンへ移籍した。発売中の『新・GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来』(田邊雅之著/カンゼン刊)で自らの人生を模索中と語ったシュミットだが、移籍に踏み切らせたものは何だったのか。ベガルタ仙台での最終戦直前に行われたインタビューを前後編でお届けする。今回は後編。(取材・文:田邊雅之)

シュミット・ダニエル

仙台の誇り。シュミット・ダニエルを欧州移籍に踏み切らせたものとは?「本当にこういう日が…」【インタビュー前編】

GKシュミット・ダニエルがベガルタ仙台からベルギーのシント=トロイデンへ移籍した。発売中の『新・GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来』(田邊雅之著/カンゼン刊)で自らの人生を模索中と語ったシュミットだが、移籍に踏み切らせたものは何だったのか。ベガルタ仙台での最終戦直前に行われたインタビューを前後編でお届けする。今回は前編。(取材・文:田邊雅之)

0610japan3back

起点になった冨安健洋、可能性を示した永井謙佑。3-4-2-1は日本代表のオプションになるか?【西部の目】

日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2019・エルサルバドル代表と対戦して2-0で勝利。4日前のトリニダード・トバゴ戦に続いて3バックを日本代表は採用した。これから始まるワールドカップアジア予選に向けて、オプションとしての目処はついたと言えるだろう。(取材・文:西部謙司)

190327_1_getty-560x373

日本代表、4-4-2は適正か(後編)。各ポジションを徹底診断。ボランチへの負担、最大の懸案は?【西部の目】

キリンチャレンジカップ、コパ・アメリカ2019(南米選手権)に臨む日本代表メンバーが23日と24日に発表される。昨年7月に森保一監督が就任し、AFCアジアカップ2019では決勝で敗退したが新戦力も台頭。少しずつチームの骨格が見えてくる中、指揮官は一貫して4-4-2(4-2-3-1)を採用している。その理由とは? 前後編でお届けする。今回は後編。(取材・文:西部謙司)

日本代表

ボリビア戦、日本代表は中島翔哉のチーム。香川は何もできず最低評価…先発攻撃陣の今後が心配【どこよりも早い採点】

日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019・ボリビア代表と対戦して1-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

新着記事

↑top