フェルナンド・トーレス

サガン鳥栖

サガン鳥栖、新監督招へいが悪夢の始まり。絶望的不振から奇跡の残留を果たしたが…【2019年Jリーグ通信簿】

J1リーグの2019シーズン全日程が終了し、まもなく新シーズンが幕を開けようとしている。昨季の1年間、各クラブはどのようなシーズンを過ごしたのだろうか。今回は、15位のサガン鳥栖の2019年を振り返る。(文:編集部)

チェルシー

絶望、悪夢、苛立ち…歓喜に変えた期待外れ男の独走弾。11/12CL準決勝、チェルシー対バルサの奇跡【私が見た平成の名勝負(15)】

各ライターの強く印象に残る名勝負をそれぞれ綴ってもらう連載の第15回は、平成18年(2012年)4月24日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのチェルシー対バルセロナ。大きなハンデを背負ったチェルシーの激闘は、今でも色褪せることはない。(文:プレミアパブ編集部)

フェルナンド・トーレス

フェルナンド・トーレスの幸せな現役引退。究極のチームプレーヤーが誰からも愛された理由

元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、日本で現役を引退した。8月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第24節、サガン鳥栖対ヴィッセル神戸が選手として最後の試合になった。数々の栄冠を勝ち取ってきた稀代のストライカーが世界中から愛された理由は、ピッチ内にもピッチ外にもあった。(取材・文:舩木渉)

新着記事

↑top