フランク・ランパード

タミー・エイブラハム

チェルシー復権の鍵を握る新9番は何者? バルサを撃破、エース候補が示した大いなる可能性

フランク・ランパード監督率いるチェルシーは、22日に埼玉スタジアムで行われたプレシーズンマッチ「楽天カップ」でバルセロナを破った。2-1での勝利を手繰り寄せる先制点を決めたFWタミー・エイブラハムは、新生ブルーズの旗頭としてブレイクスルーの気配を漂わせる。バルセロナ対チェルシーで才能の一端を示した、謎多き21歳の新9番とは一体何者なのだろうか。(取材・文:内藤秀明)

0722chelsea_getty

新生チェルシーの新戦術とは? フロンターレに敗戦も…見えた前任者との変化と心配事

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019、チェルシー対川崎フロンターレの一戦が19日に行われ、イングランドの強豪は0-1で敗戦を喫した。シーズン開幕前という段階のため、勝ち負けそのものは重要ではないかもしれない。ただ試合内容も、新生チェルシーの姿が垣間見えたという意味で、非常に大きなインパクトがあった。では具体的にどのような内容だったのだろうか。(取材・文:内藤秀明)

0719chelsea_getty

チェルシーの昨季はどんなシーズンだったのか? ランパード監督就任が“運命”である理由【18/19シーズン総括(9)】

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はチェルシーを振り返る。(文:プレミアパブ編集部)

新着記事

FChan TV

↑top