フランク・ランパード

0117Mount_getty

チェルシーが手にした希望とは? 10人相手に苦戦も…4戦ぶり勝利で「前進している」【分析コラム】

プレミアリーグ第19節、フラム対チェルシーが行われ、0-1でチェルシーが勝利を収めた。前半に退場者が出たフラムを相手に終盤までゴールが奪えなかったが、4試合ぶりに勝ち点3を掴んだチェルシー。現役時代にチェルシーで酸いも甘いも噛み分けたフランク・ランパードは「前進した」と小さな手ごたえを感じている。(文:加藤健一)

20201216_chelsea_getty

チェルシー、不調の原因はどこに? ジルー中心で輝けないヴェルナー、現状打破へ変化は必須【分析コラム】

プレミアリーグ第13節、ウォルバーハンプトン対チェルシーが現地時間15日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。首位トッテナムにプレッシャーを与えたかったチェルシーだが、ここに来てまさかの連敗。変化を加える必要があるかもしれない。(文:小澤祐作)

チェルシー

エバートンに負けた理由は? 好調チェルシーは鬼門攻略ならず。ジルー、ヴェルナー、ハフェルツ沈黙【分析コラム】

プレミアリーグ第12節、エバートン対チェルシーが現地時間12日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。チェルシーはこれで公式戦無敗記録が「14」でストップ。守備は安定していたが、攻撃陣は沈黙してしまった。では、不調だったエバートンにどのように敗れたのだろうか。(文:小澤祐作)

1130Mourinho_getty

トッテナムはワールドクラス。試合を支配したチェルシーが陥ったジレンマとは?【分析コラム】

プレミアリーグ第10節、チェルシー対トッテナムが現地時間29日に行われ、0-0の引き分けに終わった。チェルシーは60%以上のボール保持率をマークしたが、守りを固めるトッテナムの牙城を最後まで崩せず。フランク・ランパードとジョゼ・モウリーニョの師弟対決は勝ち点1ずつを持ち帰る結果となり、トッテナムが首位をキープした。(文:本田千尋)

20201104_chelsea_getty

チェルシー最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。ランパード監督が導き出した、スター軍団の序列とは?

プレミアリーグも7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、チェルシーの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

ソン・フンミン ハリー・ケイン

ソン・フンミンとケインがプレミア歴代最強コンビに? 2人で得点量産、ランパード&ドログバ超えは間近

プレミアリーグ第6節が現地26日に行われ、トッテナムはバーンリーに1-0で勝利を収めた。ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチームはセットプレーから勝利を手繰り寄せた。今季のトッテナムにおいて大きな違いを生み出しているソン・フンミンとハリー・ケインが結果を残し、歴代最強コンビへの道をひた走っている。(文:舩木渉)

エドゥアール・メンディ

チェルシーを救ったのは数年前まで“無職”だった男。マンU戦で躍動、その輝きこそが希望に

プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーが現地時間24日に行われ、0-0のドローに終わっている。チェルシーはこれで公式戦3試合未勝利。モヤモヤする状況は続いている。しかし、この日の勝ち点1はポジティブな部分も多かった。とくに、エドゥアール・メンディの活躍は希望となるかもしれない。(文:小澤祐作)

チェルシー

チェルシー、補強評価はS。プレミア優勝候補に躍り出るか。若手との融合が躍進の鍵に【欧州主要クラブ補強診断(2)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のプレミアリーグを4位で終えたチェルシーの補強動向を読み解く。

0927ThiagoSilva_getty

チェルシーの守備は今季も穴だらけ。チームが引き起こした前半の悪夢と、不可解だったランパードの采配

プレミアリーグ第3節、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン対チェルシーが現地時間26日に行われ、3-3の引き分けに終わった。チェルシーは前半に3点を失ったが、後半になんとか追いついている。チェルシーはなぜ、昇格組を相手にこれほどまでも苦戦したのか。(文:加藤健一)

チェルシー

チェルシー期待の新戦力5人。超大型補強を敢行…次世代を担う才能も確保しランパード体制2年目へ

未成年選手の登録違反よる補強禁止処分が明けたチェルシーは、今夏の移籍市場で積極的に動いた。新型コロナウイルスの影響で財政的なダメージを被った多くのクラブが補強に及び腰になる中、300億円近い予算を投じてビッグネームを数多く確保。そこで今回はチェルシーで新シーズンの中心を担うことが期待される新戦力や若手選手たちを5人紹介する。

新着記事

↑top