マリオ・マンジュキッチ

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

やっぱりイブラヒモヴィッチは“神”だった。8戦12発で首位ミランをけん引、ライバル加入も大歓迎【分析コラム】

セリエA第18節が現地18日に行われ、ミランはカリアリに2-0で勝利を収めた。前半戦首位ターンは目前で、本格的にリーグ優勝を狙える位置につけている。そして約2ヶ月ぶりに先発したズラタン・イブラヒモヴィッチの存在は、タイトルレースを勝ち抜くうえで大きな役割を果たしそうだ。(文:舩木渉)

20210104_focus_getty

Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人(2)。ミランで一時代を築いた男を筆頭に、元セリエA戦士が続々

明治安田生命Jリーグは2020年シーズンが終わり、来月下旬の新シーズン開幕を前につかの間のオフを過ごしている。年明けとともに欧州各リーグの移籍市場が開く一方で、Jリーグの各クラブも新加入選手の獲得を着々と進めている。今回フットボールチャンネル編集部では、Jリーグのクラブも獲得可能な所属クラブが決まっていない選手5人をピックアップした(1月3日時点でフリーの選手が対象、市場価格は『Transfermarkt』を参照)。

20200624_croatiafw_getty

クロアチア代表、ストライカーの系譜。独立からW杯準優勝へ…98年得点王に輝いた名手の現在は?

クロアチア代表は1991年の同国独立からと歴史は短いが、ワールドカップで目覚ましい躍進を見せてきた。初出場だった1998年フランス大会は3位、2018年ロシア大会では準優勝を果たし世界を驚かせた。この20年あまりで世代が移り変わってきた中で、どんな選手たちが前線を引っ張ってきたのだろうか。ワールドカップを起点に、クロアチア代表の歴代ストライカーたちの活躍を振り返る。

20200402_juventus_getty

ユベントス、5年間の歴代フォーメーション。セリエA初の8連覇…ポグバからC・ロナウドの時代へ

イタリアサッカー界の絶対王者がユベントスだ。現在セリエAは8連覇中で、今季も首位に立つ。マッシミリアーノ・アッレグリ前監督は在任5年間でチームを2度にわたってチャンピオンズリーグ決勝に導いた。クリスティアーノ・ロナウドを手に入れた白黒の巨星は近年、どのような歩みで高みにたどり着いたのか。今回フットボールチャンネルでは、ユベントスの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介する。

新着記事

↑top