ユリアン・ナーゲルスマン

20201115_leipzig_getty

RBライプツィヒ最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。バイエルンの9連覇阻止に立ち向かう、多士済々のタレント

ブンデスリーガも7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、RBライプツィヒの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

1105Nagelsmann_getty

ライプツィヒ対PSG、見事だったナーゲルスマンの狙い。昨季準決勝の再戦でPSGが失ったのは…【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節、RBライプツィヒ対パリ・サンジェルマンが現地時間4日に行われ、2-1でライプツィヒが勝利した。昨季のCL準決勝の再戦となったこの試合でPSGはまたも先制に成功。しかし、ライプツィヒはネイマールとキリアン・ムバッペを負傷で欠くPSGを相手に見事な逆転勝利を収めた。(文:加藤健一)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU驚きの大勝、何が起こった? スールシャール監督には不思議な力がある。解任論こそがエネルギーか【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグH組第2節、マンチェスター・ユナイテッド対RBライプツィヒが現地時間28日に行われ、5-0でホームチームが勝利している。前半は互角の戦いだったが、終わってみれば大きな差がついた試合となった。チームを大勝に導いたオーレ・グンナー・スールシャール監督の采配とは?(文:小澤祐作)

パリ・サンジェルマン

PSGには鬼のような3トップがいる。戦術をぶち壊すネイマール、ムバッペ、ディ・マリアの破壊力【欧州CL】

チャンピオンズリーグ(CL)準優勝、パリ・サンジェルマン対RBライプツィヒが現地時間18日に行われ、3-0でPSGが勝利している。ユリアン・ナーゲルスマン監督率いるチームはシステム変更など活発な動きを見せたが、PSGは揺るがなかった。(文:小澤祐作)

トゥヘル ナーゲルスマン

PSG対RBライプツィヒ、予想スタメン&プレビュー。トゥヘル対ナーゲルスマン、師弟対決の行方は?【欧州CL準決勝】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)はいよいよ準決勝に突入する。現地18日に行われるパリ・サンジェルマン対RBライプツィヒはどんな試合になるだろうか。両クラブの現状や、先発出場メンバーを占う。

0814Nagelsmann_getty

アトレティコはナーゲルスマンの術中にはまっていた。ヴェルナー不在のライプツィヒが用いた打倒シメオネの策略【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、ライプツィヒ対アトレティコ・マドリードが現地時間13日に行われ、2-1で勝利したライプツィヒがクラブ史上初のベスト4入りを決めた。高いインテンシティという共通項を持ちながら、異なるスタイルを標榜するチームの対決は、戦前の予想通り拮抗した展開に。しかし、ユリアン・ナーゲルスマン監督は鉄壁を誇るアトレティコのディフェンスを攻略していた。(文:加藤健一)

0813LeipzigAthletico_getty

ライプツィヒ対アトレティコ、予想スタメン&プレビュー。ヴェルナー抜きで最強の牙城を崩せるか?【欧州CL準々決勝】

チャンピオンズリーグ(CL)はいよいよ準々決勝に突入する。現地時間13日に行われるライプツィヒ対アトレティコ・マドリードはどんな試合になるだろうか。両クラブの現状や、先発出場メンバーを占う。

RBライプツィヒ

トッテナム惨敗の要因とライプツィヒの圧勝劇が実現した理由。CLの歴史が動いた快進撃【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグが現地10日に行われ、RBライプツィヒがトッテナムを3-0で下した。2戦合計スコアは4-0となり、ドイツの新興クラブが昨季ファイナリストを打ち破ってクラブ史上初のベスト8入りを果たした。CLの歴史を変えた快進撃は、どのようにして実現したのだろうか。(文:本田千尋)

新着記事

↑top