多摩川クラシコ

川崎フロンターレ_getty

フロンターレ、多摩川クラシコ完勝の理由。準備されていた完璧な狙い、見えた3連覇への道筋

明治安田生命J1リーグ第19節、首位・FC東京対4位・川崎フロンターレ戦が14日に行われ、敵地で川崎Fが3-0と大勝した。優勝を狙える位置にいる両チームの多摩川クラシコということもあり4万2401人の大観衆が訪れた一戦は、気持ちを前面に出したアウェイチームが前線からの連動した激しい守備と素早い攻守の切り替えで圧倒。さらに緻密なスカウティングや百戦錬磨のFC東京・長谷川健太監督も読み切れなかった大胆な選手起用などで上回った。逆転での3連覇に向け、見えた王者の戦い方とは。(取材・文:下河原基弘)

20190713_jleague_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? 多摩川クラシコから目が離せない! J2では激闘必至の首位攻防戦も【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第19節、J2第22節、J3第16節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

林彰洋

FC東京GK林彰洋は、なぜ32歳にして全盛期を迎えたのか?「ぼくもキライでしたからね、GKが(笑)」【インタビュー後編】

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は後編。(文:後藤勝)

林彰洋

FC東京の最強GK林彰洋は、いかにして新境地にたどり着いたのか?「“日本流”にシフトしただけ」【インタビュー前編】

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は前編。(文:後藤勝)

小嶋真子

AKB48小嶋真子が多摩川クラシコを激写! 真夏の決戦をどのように見たのか?【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。メインMCを務める小嶋真子が等々力陸上競技場で行われたJ1第20節、川崎フロンターレ対FC東京を取材。フォトグラファーを務めた小嶋がファインダーから見た景色とは?(試合取材:小嶋真子/取材・構成:浜川絵理)

今季からFC東京でプレーする大久保嘉人

大久保嘉人が“トーキョーの男”になった日。古巣への感謝、「ごめん」で踏み出した新たな一歩

去る18日に行われたJ1第4節のFC東京対川崎フロンターレ。「多摩川クラシコ」として注目されたこの試合に、特別な想いで臨んでいた選手がいた。青と赤の戦闘服をまとった大久保嘉人。昨年まで川崎フロンターレに所属していた背番号13は、いつも以上にゴールに飢えていた。本当の意味でFC東京の一員となるために。(取材・文:舩木渉)

新着記事

FChan TV

↑top