武藤嘉紀

杉本健勇

日本代表、48位のハイチにリード許すも…試合終了間際に香川が劇的同点弾

日本代表は10日、キリンチャレンジカップでハイチ代表と対戦した。

日本代表

ハイチ戦、意地のドローも3失点。守備で集中欠く【どこよりも早い採点】

10月10日、日本対ハイチの一戦が行われ3-3で引き分け。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

乾と長友と武藤

【識者の眼】武藤&乾、異タイプの能力引き出す長友佑都。ハリルJ、左サイドの戦術的多様性

6日、日本代表はキリンチャレンジカップ2017でニュージーランドとの一戦に臨み2-1で勝利した。FIFAランキング上は“格下”ともいえる相手との試合で辛勝となったが、選手起用や組み合わせの面では発見や収穫も見られたゲームに。特に左サイドで起用された武藤嘉紀と乾貴士はそれぞれが異なる能力を発揮し、戦術的オプションが豊富になったが、この2人の良さを引き出した長友佑都の働きにも特筆すべきものがあった。(取材・文:河治良幸)

日本代表

NZ戦、勝利も収穫は少なく。乾と小林が好アピール【どこよりも早い採点】

10月6日、日本対ニュージーランドの一戦が行われ2-1で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

日本代表、FIFAランク113位のNZ代表に辛勝。勝利も消化不良

日本代表は6日、キリンチャレンジカップでニュージーランド代表と対戦した。

武藤

ハリルJ、新3トップ誕生か。武藤嘉紀が吹き込む新風、NZ戦で掴みたいポジティブな成果

日本代表は6日、来年のロシアW杯に向けてニュージーランド代表との親善試合に臨む。本田圭佑や岡崎慎司が招集外となっている一方、彼らに頼らない新しい形を模索しなければならない。それゆえ今回の試合で採用される可能性のある新たな3トップがもたらすポジティブな効果に期待が膨らむ。(取材・文:元川悦子)

17/18シーズンに入り、マインツですでにリーグ戦3ゴールを記録している武藤嘉紀

ベンチ外の屈辱経て…武藤嘉紀、ハリルJの新たなオプションに。1トップとしての確かな成長

今月6日にニュージーランド戦、10日にハイチ戦と親善試合2連戦に挑む日本代表。愛知県内でトレーニングを開始したメンバーの中に、ひときわ強い思いを秘めている男がいた。武藤嘉紀である。1ヶ月前の日本代表戦ではベンチ外も経験した25歳は、大ケガを乗り越え、マインツでもがき、飛躍的な成長を遂げてきた。(取材・文:元川悦子)

“プラチナ世代”の選手たち。左からとりわけ、杉本健勇、車屋紳太郎、昌子源、遠藤航、小林祐希、武藤嘉紀

ハリルJ、ロシアでの躍進へ…注目は“プラチナ世代”。車屋も招集で、6人の最大勢力に

2018ロシアW杯アジア最終予選を勝ち抜き、本大会への出場権を獲得した日本代表。10月からは代表メンバー23名の座を争うサバイバルが本格化する。そのなかで注目したいのが92年組、いわゆる“プラチナ世代”だ。W杯での躍進のために、ハリルジャパンでも最大勢力となった現在24~25歳の選手たちの台頭に期待したい。(取材・文:元川悦子)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top