河治良幸

“遠藤抜き”のザックジャパンは成立するのか? 新天地で活躍する細貝と長谷部のコンビが持つ可能性

“遠藤抜き”のザックジャパンは成立するのか? 新天地で活躍する細貝と長谷部のコンビが持つ可能性

ブンデスリーガで細貝萌と長谷部誠がボランチのレギュラーとして活躍している。これまで二人はこのポジションで試合に出ることが少なく、ザックジャパンでの懸念材料でもあった。新天地で奮闘する二人のコンビが代表に新たな可能性をもたらすかもしれない。

200131005_kakitani

真価を問われる欧州遠征。柿谷曜一朗はザックジャパンのエースになれるか?

欧州遠征に向けてザックジャパンのメンバーが発表された。東アジア杯で頭角を現し、今回の遠征でも選出された選手たちにとっては、アウェーで実力のある相手に対して実力を試すいい機会となる。

ビーチサッカーW杯で結果を残した日本代表。ラモス・ジャパンが感じた“世界との差”とは?

W杯で見事ベスト8入りしたビーチサッカー日本代表。ブラジルとの決戦でも相手を追い込み、ベスト4に手が届いたかに見えたが、選手・監督たちのコメントからはレベルの差を感じている。ラモス・ジャパンが痛感した“世界との差”とは?

内田篤人の1on1を徹底分析。世界で戦えるサイドバックの“個の力”とは?【後篇】テクニックのこだわりに1on1の真髄が見える!

内田篤人の1on1を徹底分析。世界で戦えるサイドバックの“個の力”とは?【後篇】テクニックのこだわりに1on1の真髄が見える!

『1on1FootballTV』はサッカーやフットサルにおける1対1の局面を掘り下げて考えていこうという画期的なプログラムだ。今回取り上げるのは内田篤人。決して体格に恵まれているわけではない内田選手がいかにして、欧州トップレベルの1on1を戦っているのか。

内田篤人の1on1を徹底分析。世界で戦えるサイドバックの“個の力”とは?【中篇】ポジショニングを制する者は1on1を制す!

内田篤人の1on1を徹底分析。世界で戦えるサイドバックの“個の力”とは?【中篇】ポジショニングを制する者は1on1を制す!

『1on1FootballTV』はサッカーやフットサルにおける1対1の局面を掘り下げて考えていこうという画期的なプログラムだ。今回取り上げるのは内田篤人。決して体格に恵まれているわけではない内田選手がいかにして、欧州トップレベルの1on1を戦っているのか。

ラモス・ジャパンが劇的勝利でベスト8進出。“砂のサムライ”たちはブラジルを撃破し世界に衝撃を与えられるか?

タヒチで行われているビーチサッカーW杯。ラモス・ジャパンはコートジボワールに勝利し、ベスト8進出を決めた。次の相手はブラジル。果たして優勝候補に勝つ術はあるのか?

内田篤人の1on1を徹底分析。世界で戦えるサイドバックの“個の力”とは?【前篇】フィジカルは1日にして成らず!

内田篤人の1on1を徹底分析。世界で戦えるサイドバックの“個の力”とは?【前篇】フィジカルは1日にして成らず!

『1on1FootballTV』はサッカーやフットサルにおける1対1の局面を掘り下げて考えていこうという画期的なプログラムだ。今回取り上げるのは内田篤人。決して体格に恵まれているわけではない内田選手がいかにして、欧州トップレベルの1on1を戦っているのか。

いよいよ開幕ビーチサッカーW杯。ラモス・ジャパンはタヒチで“日本旋風”を巻き起こせるか?

いよいよビーチサッカーW杯が開幕する。ラモス瑠偉監督率いる日本代表は日本時間の明日、初戦を迎える。ビーチサッカーの見どころ、そしてラモス・ジャパンの注目ポイントをお届けする。

20130916_uchida_hara

堅実な守備では高評価も攻撃には課題。今、内田篤人に求められていることとは何か?

14日のマインツ戦。先発出場し、勝利に貢献したシャルケの内田篤人だったが、新戦力の連携面など課題があったのも事実。攻守にわたってチームのカギを握る存在の彼がさらに成長するためには何が必要なのか?

「4年前のような衝撃はない」。長友佑都はなぜアフリカ勢のフィジカルに通用するのか?

「4年前のような衝撃はない」。長友佑都はなぜアフリカ勢のフィジカルに通用するのか?

ガーナ戦に快勝したザックジャパンにおいて、存在感を示したのが長友佑都だ。フィジカルの強い相手に対しても競り勝ち、サイドを制圧した。決して上背はない長友だが、なぜアフリカ勢にも当たり負けしないのか。本人が語った。

有名選手は不在。ガーナ代表は本当に“二軍”なのか?

有名選手は不在。ガーナ代表は本当に“二軍”なのか?

今日、日本代表と対戦するガーナ代表。ビッグクラブでプレーする有名選手が不在で、一部では「二軍」とも報道されたが、果たして本当にそうだろうか。

グアテマラ戦で完封勝利に貢献。森重真人が示した“強さ”とは何か?

グアテマラ戦で完封勝利に貢献。森重真人が示した“強さ”とは何か?

グアテマラ戦で完封勝利したザックジャパン。無失点に貢献した一人がセンターバックとして先発した森重真人だ。吉田麻也と初のコンビとなった森重だが、ラインの乱れも少なく、一対一の強さも発揮した。

攻守で貢献度の高い岡崎慎司。若手攻撃陣の見本となることが出来るか?

攻守で貢献度の高い岡崎慎司。若手攻撃陣の見本となることが出来るか?

6日のグアテマラ戦。守備の課題が話題に上がる中、現代表で最多得点を記録する岡崎慎司は、そこだけに集中することへ警鐘を鳴らす。当然、前線からの守備も重要だが、そこからいかにしてゴールに結び付けられるのか、を強調する。

20130830_hasebe

長谷部・遠藤を超えるために――。9月の連戦でボランチの山口と青山に求められること

9月の連戦に向けた日本代表メンバー23人が発表された。これまで常連だった細貝と高橋が外れ、東アジア杯で結果を出した山口と青山がボランチとして招集された。彼らが不動のレギュラーである長谷部、遠藤を超えるためには何が必要なのだろうか。

酒井宏樹は日本代表SBの序列を覆せるか? シャルケ戦で見せたハノーファーでの進化に迫る

酒井宏樹は日本代表SBの序列を覆せるか? シャルケ戦で見せたハノーファーでの進化に迫る

8月24日のブンデスリーガ第3節、ハノーファーはシャルケを2-1で下した。この試合、目立った活躍を見せたのが酒井宏樹。得意のオーバーラップで積極的に攻撃に絡んだ。ドイツ2年目で見せた進化とは?

新着記事

↑top