金崎夢生

Jリーグ

平畠啓史さん選定! Jリーガー能力別No.1プレーヤー。世界に知ってほしい名手たち(後編)【編集部フォーカス】

Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さんが、能力別に優れたJリーガーを選定。「能力別No.1プレーヤー」には、一体誰が選ばれるのだろうか。(選定:平畠啓史、取材・文・構成:小澤祐作)

フェルナンド・トーレス

F・トーレスと金崎夢生は“仲良し”になれるのか。鳥栖の浮沈を左右する強力2トップ誕生

Jリーグに楽しみな新ユニットが生まれた。サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスと金崎夢生の2トップである。ともに今夏加入したストライカーは、降格圏に沈むクラブを救えるのだろうか。2人が初めてコンビを組んだ28日のジュビロ磐田戦のプレーから、今後の可能性を分析する。(文:舩木渉)

日本代表

韓国戦、屈辱の4失点で逆転負け【どこよりも早い採点】

12月16日、日本対韓国の一戦が行われ1-4で敗北ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

中国戦、勝利も大島の負傷交代でリズム消失【どこよりも早い採点】

12月12日、日本対中国の一戦が行われ2-1で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20171211_japan_getty

【識者の眼】ハリルJ、攻撃の新機軸。北朝鮮戦で見えた「縦の2トップ」が秘める可能性

日本代表は9日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会(E-1)の初戦で朝鮮民主主義人民共和国代表に1-0で勝利を収めた。前半は格下と見られていた相手に多くのチャンスを作られたが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が戦術変更を決断した後半は日本が盛り返し、それが決勝ゴールに繋がった。選手交代によって実現した「2トップ」は、ハリルジャパンの新たなオプションになるかもしれない。(取材・文:河治良幸)

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

北朝鮮戦、相手に圧倒されるも初戦勝利【どこよりも早い採点】

12月9日、日本対朝鮮民主主義人民共和国の一戦が行われ1-0で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top