欧州遠征

「一気にチームが変わった」「全体の積極的性が出た」。識者が山口螢を大絶賛

「一気にチームが変わった」「全体の積極的性が出た」。識者が山口螢を大絶賛

11月30日、テレビ東京で放送された「FOOT×BRAIN」は「安堵? 希望? 賞賛? 日本代表欧州遠征総括」と題し、6人のアナリストがオランダ戦、ベルギー戦の欧州遠征を徹底分析する内容となった。

二つの攻撃スタイルが見えた欧州遠征 ベルギー戦で日本代表が見せた「気の利いた」プレーとは?

二つの攻撃スタイルが見えた欧州遠征 ベルギー戦で日本代表が見せた「気の利いた」プレーとは?

先日行われた日本代表対ベルギー代表の一戦。立ち上がりからベルギーは日本の中央突破をしっかりケアしたが、香川真司のポジショニングで対応に苦慮するようになった。オランダのA級指導者ライセンスを保持する林雅人氏が分析する。

日本代表のボランチ後継者問題に終止符を打った山口螢。自己分析は謙遜「まだあの2人が不動」

日本代表のボランチ後継者問題に終止符を打った山口螢。自己分析は謙遜「まだあの2人が不動」

オランダ戦、ベルギー戦で2戦との出場した山口螢。2試合ともパフォーマンスは高く、信頼できる新戦力の台頭はザックジャパンにとって大きなプラスだ。日本代表は不動のボランチがいるが、その代役となる存在がいなかった。山口の成長はチームの成長と言えるが、本人は「まだまだ」と謙遜する。

ベルギー人記者が見た日本代表。柿谷を絶賛も強気の姿勢崩さず「フルメンバーなら我々が有利」

ベルギー人記者が見た日本代表。柿谷を絶賛も強気の姿勢崩さず「フルメンバーなら我々が有利」

日本代表に敗れたベルギー代表。現地ベルギー人記者は日本のパフォーマンスの良さを認めつつ、何人かの選手をあげて称賛した。特に柿谷曜一朗への評価は高かった。だが、ある記者はベルギー方がまだ強い、と分析する。果たしてその理由は?

今回は玄人も納得! 松木安太郎の名解説ぶりが半端ない

今回は玄人も納得! 松木安太郎の名解説ぶりが半端ない

「ふざけたロスタイムですねー」の名解説でサッカー解説者としての人気が加速した感のある松木安太郎氏。「お茶の間にもとてもわかりやすい解説」だと、日本代表人と相まって、その人気は留まるところを知らない。

マンUで“外せない選手”になるために――。今季リーグ戦合計わずか7本。香川に求められるシュートを打つ姿勢

マンUで“外せない選手”になるために――。今季リーグ戦合計わずか7本。香川に求められるシュートを打つ姿勢

代表戦で良好なパフォーマンスを披露した香川真司。週末にはリーグ戦が待っているが、これまでの傾向だとベンチスタートが濃厚だ。代表戦の後でも信頼させ、モイーズ監督が外せなくなるためには何が必要か。まず改善すべきはシュートをもっと打つことだ。

「世界との戦い」を止めよ――。柿谷のシュートミスに思う、「世界との差」の「世界」に覚える違和感

「世界との戦い」を止めよ――。柿谷のシュートミスに思う、「世界との差」の「世界」に覚える違和感

日本代表が強豪国と対戦する、または強豪国との差を考える上で度々使用される「世界との差」という言葉。この「世界」とは一体何であろうか? ドイツ在住記者が、柿谷曜一朗がオランダ戦でシュートミスしたことを引き合いに、「世界」という言葉へ覚えた違和感の深層に迫る。

「アザールのプレー分かっていた。総合力で勝てた」ベルギー戦の勝因を分析する内田。走力の重要性も再確認

「アザールのプレー分かっていた。総合力で勝てた」ベルギー戦の勝因を分析する内田。走力の重要性も再確認

オランダ戦で痛恨のミス。同点ゴールに絡むなど挽回はしたかったが、ベルギー戦ではまさかの出場なし。そんな中ではあるが、ベンチにいたことで冷静にチームを見ることができたようだ。勝利したベルギー戦で内田が感じた、代表に必要なこととは何か?

柿谷の同点ゴールを演出した酒井宏樹のクロスのメカニズムを徹底分析

柿谷の同点ゴールを演出した酒井宏樹のクロスのメカニズムを徹底分析

19日に行われたベルギー代表対日本代表の試合で、前半終了間際に生まれた柿谷曜一朗の同点ゴール。酒井宏樹の見事なクロスからこの得点は生まれているが、何故柿谷は上背のあるベルギーディフェンスをかいくぐって“頭”で得点することができたのか。酒井のクロスのメカニズムに迫る。

明確な課題を持ってベルギー戦に挑んだ香川真司。「勇気と自信を持ってやれたからこそベルギーに勝利できた」

明確な課題を持ってベルギー戦に挑んだ香川真司。「勇気と自信を持ってやれたからこそベルギーに勝利できた」

今回の欧州遠征、オランダ戦では後半から投入されキレのある動きを見せた香川真司。ベルギー戦はスタメンで出場し、及第点のプレーを見せた。香川がベルギー戦に持って臨んだ明確な課題とは?

強豪相手にも示した高い組織力。ベルギー戦で現れた日本代表の序列を覆す新戦力とは?

強豪相手にも示した高い組織力。ベルギー戦で現れた日本代表の序列を覆す新戦力とは?

ザックジャパンがベルギーに快勝した。タレント揃いのチームだったが、日本の守備陣は破綻することなく、組織的に対処していた。そして見えてきた序列を覆しそうな存在。彼らのパフォーマンスから読み解く。

日本はなぜ勝てたのか? ザックジャパン最大の武器が再確認出来たベルギー戦【どこよりも早い採点】

20日早朝に行われた日本対ベルギー。日本は3-2で強豪ベルギーに逆転勝ちした。日本はなぜ勝てたのか? そしてW杯へ向けて目指すべきサッカーは見つかったのか?

【図解】ベルギーの攻撃傾向から分析。日本はどう守るべきか?

【図解】ベルギーの攻撃傾向から分析。日本はどう守るべきか?

強豪ベルギーの攻撃はダイナミックで強烈なものがある。それを的確に止めることはW杯で勝ち上がるためにも極めて重要な指針となる。ベルギーはどのような攻撃傾向があり、どう対処すべきなのか?

川島永嗣が語る、ベルギー戦がザックジャパンにとってこれまでより重要な試合である理由

川島永嗣が語る、ベルギー戦がザックジャパンにとってこれまでより重要な試合である理由

オランダ戦をベンチから見守った川島永嗣。ベルギー戦へ懸ける思いは強い。正GKを守るためというのもあるが、チームとして大事な試合であることを守護神は強調する。

日本代表ゴールキーパーの宿命か? サッカー都市伝説「GK背番号1はゴールを守れない」

日本代表ゴールキーパーの宿命か? サッカー都市伝説「GK背番号1はゴールを守れない」

オランダ代表とのテストマッチで、日本代表のゴールマウスを守ったのは川島永嗣ではなく西川周作だった。

新着記事

↑top