○○とは何者か?

ディオゴ・ジョッタ

リバプールの新兵器、ディオゴ・ジョッタとは何者か? 南野拓実のライバル? その凄さは即戦力級

リバプールは現地時間19日、ウォルバーハンプトンからディオゴ・ジョッタを獲得したことを発表した。ポルトガル国内で名を上げ、ウルブスの躍進を支えたアタッカーは、一体どのような選手なのか。ジョッタの生い立ちとプレースタイル、リバプールでの起用法などに触れていく。(文:小澤祐作)

0919Thiago_getty

リバプールに加入、チアゴとは何者か? まさに優勝請負人、グアルティオラの愛弟子をクロップはどこで起用するのか?

リバプールは現地時間18日、バイエルン・ミュンヘンからチアゴ・アルカンタラを獲得したことを発表した。今季の欧州王者から昨季の王者への移籍を決断したチアゴとはどのような選手なのか。そして、欧州とプレミアリーグで頂点に立ったリバプールではどのように起用されるのか。チアゴの生い立ちとプレースタイルを紹介するとともに、リバプールでの起用法を予想する。(文:加藤健一)

0905Havertz_getty

チェルシーが120億円を費やすカイ・ハフェルツとは何者か? 試練を乗り越え17歳でレバークーゼンの主力に、そのプレースタイルは?

チェルシーは現地時間4日、レバークーゼンからカイ・ハフェルツを獲得したことを発表した。チェルシーはボーナスも含めて総額1億ユーロ(約120億円)とも言われる移籍金を費やしたと報じられている。17歳からレバークーゼンでレギュラーを張るハフェルツはどのような選手なのか。ハフェルツの生い立ちをたどるとともに、プレースタイルを紹介していく。(文:加藤健一)

0821Koeman_getty

バルセロナの新監督、クーマンとは何者か? 成功か失敗か、まさに”劇薬”…大胆な変革はあるか?

バルセロナは現地時間19日、ロナルド・クーマンの監督就任を発表した。PSVやバルセロナ、オランダ代表で活躍してきたクーマンは、岐路に立つバルセロナを率いるに相応しい人物なのかどうか。これまでどのようなキャリアを歩んできたのかを紹介する。(文:加藤健一)

ブルーノ・フェルナンデス

マンUの超高額新戦力、ブルーノ・フェルナンデスとは何者か? 挫折に暴徒の襲撃…苦難越えた男の略歴

マンチェスター・ユナイテッドは、スポルティングCPからMFブルーノ・フェルナンデスを獲得したことを発表した。主にトップ下でプレーする25歳のポルトガル代表アタッカーは、直近2シーズン連続でポルトガルリーグ最優秀選手に選出されている超人気銘柄だ。移籍金は最大で6770万ポンド(約87億1000万円)に達するとされているブルーノ・フェルナンデスとはどんな選手なのだろうか。(文:プレミアパブ編集部)

0131Haaland_bvb_getty

ドルトムントで世界に衝撃…ハーランドとは何者か? 半年で33得点、強さより巧さが光るストライカーの真髄

2000年生まれのストライカーが脚光を浴びている。FWアーリング・ハーランドは今季、ザルツブルクでUEFAチャンピオンズリーグに出場すると、初戦でハットトリックを達成。6試合で8得点という数字を引っ提げてこの冬にドルトムントに移籍すると、ブンデスリーガでもデビューから2試合で5得点を挙げた。19歳のノルウェー人FWのキャリアを振り返るとともに、そのプレースタイルを紐解いていく。(文:加藤健一)

ガブリエル・マルティネッリ

アーセナルの超新星、マルティネッリとは何者か? 10代にして伝説となった男の略歴

昨年までブラジルの4部でプレーしていた10代の新星が、イングランドの地から世界中に驚きを提供している。その選手とは、アーセナルに所属するガブリエウ・マルティネッリだ。今季、プレミアリーグ初年度にもかかわらず、公式戦21試合に出場して10ゴールを記録。18歳ながら、瞬く間にアーセナルにとって欠かせない存在になった。つい先日まで無名だったブラジル出身のアタッカーは一体何者なのか。(文・内藤秀明)

1225Sacramento_getty

モウリーニョが嘱望した“新参謀”は何者か? 弱冠30歳で超有能。トッテナムに施す変貌の一手

ジョゼ・モウリーニョがトッテナムの監督に就任した。そこで注目を集めているのがコーチングスタッフの人選である。特にアシスタントマネージャーという監督に最も近い重要な役職に、ファンにとっては無名のポルトガル人ジョアン・サクラメントを迎え入れたことも話題となっている。30歳の若き新参謀は一体どのような人物なのだろうか。(文:プレミアパブ編集部)

ロドリ

タトゥーを嫌う“超真面目”ロドリとは何者か? マンチェスター・シティが渇望した最後のピース

マンチェスター・シティは今夏、アトレティコ・マドリーからスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス、通称ロドリを獲得した。直近3年、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの代役の獲得を最優先事項としていたものの、失敗に終わっていたシティだが、ついに今夏、クラブ史上最高額の7,000万ポンド(約84億円)を支払うことでこの最大の問題を解決した。クラブが長年探し求めていた役割を担うであろうこのスペイン人MFに大きな期待と注目が集まっている。(文:プレミアパブ編集部)

ヴィクター・オシメーン

覚えておいて損はない!? 20歳の新鋭・オシメーンとは何者か。まさに今季の「推しメン」。その武器は?

昨季、リーグアンで2位に入るなど躍進を果たしたリール。その立役者となったFW二コラ・ペペはアーセナルに去ったが、同クラブにまた新しい逸材が現れた。20歳のFWヴィクター・オシメーンである。ナイジェリア人のストライカーは一体何者なのか。その特徴などを紹介する。(文:小川由紀子)

ハリー・マグワイア

DF史上最高額の男・マグワイアとは何者か? マンUの鍵を握る存在、運命を変えた名将からの電話

2019年8月、DFとしては移籍市場最高額の8000万ポンドでハリー・マグワイアを、マンチェスター・ユナイテッドが獲得。同クラブにとっては念願の大物CB加入という形になったが、レスターからやってきたイングランド人DFはどんな選手なのか。今回はそんなマグワイアの生い立ちからプレースタイルまで紹介していきたい。(文:内藤秀明)

エドゥアルド・カマビンガ

あのムバッペをも凌駕する逸材、カマビンガとは何者か? 「すごい」と「巧い」を堪能できる16歳の神童

2019/20シーズンのリーグ1もすでに第3節を終了している。そんな同リーグにおいて現在、全勝で首位に立つのはパリ・サンジェルマン…ではなくレンヌだ。赤黒軍団は第2節で難敵・PSGを破るなど上々のスタートダッシュを切っており、その活躍には大きな注目が集まっている。そのチームの中で、ひと際存在感を放つのは16歳のエドゥアルド・カマビンガである。数多くのビッグクラブが熱い視線を注ぐMFとは一体、何者なのか。(文:小川由紀子)

フェルナンド・フベロ

南米からジュビロ磐田へ、フベロ新監督とは何者か? 異色のキャリア、攻撃的戦術を徹底研究

ジュビロ磐田はJ1の最下位に沈んでいる。名波浩、鈴木秀人を経て、2度目の監督交代もあった。今月20日に就任が発表されたのはスペイン出身のフェルナンド・フベロ監督だ。南米パラグアイで指導者としての評価を高めた異色の新監督はどのような戦術を指向し、どんな武器を持っているのだろうか。そして名門・磐田を再び軌道に乗せることはできるのだろうか。(文:舩木渉)

トーマス・フェルマーレン

神戸に加入、元バルサDFフェルマーレンとは何者か? ベルギー代表の重鎮が持つ世界クラスの能力

ヴィッセル神戸に“元バルサ戦士”が続々と集結している。この夏は4人目となるベテランDFトーマス・フェルマーレンが加わった。ワールドカップ出場歴も持つ現役ベルギー代表センターバックはどんなキャリアを歩み、いかなる能力を備え、これから神戸に何をもたらせるのだろうか。(文:舩木渉)

ダニエル・ジェームズ

マンU20億円の新星、ダニエル・ジェームズとは何者か。王者復権の旗頭に…そのプレースタイルは?

マンチェスター・ユナイテッドは、今夏の移籍市場で21歳のFWダニエル・ジェームズを獲得した。1500万ポンド(約19億8000万円)という移籍金からも期待の大きさがうかがえるが、そのプレースタイルはどのようなものなのか。これまでのキャリアとともに紹介する。(文:プレミアパブ編集部)

新着記事

↑top