シティ

マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティ、絶望の未来を希望に変えるのは? グアルディオラ以上の監督適任者がいる、それは…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

マンチェスター・シティのサイクルが終わりを告げようとしている。プレミアリーグのタイトルは早々にリバプールに奪われ、ファイナンシャル・フェアプレーの問題での制裁は避けられず、ジョゼップ・グアルディオラ監督の去就も怪しい。誰もが絶望の未来を予見する状況だが、希望に変えられる人材がいるという。(文:粕谷秀樹)

0630Mancity2_getty

マンチェスター・シティと“バルセロナ原理主義”の数奇な運命。そして…暗く濁る未来の先は【クラブ哲学図鑑(2)】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、ペップとシティの宿命的な関係についての章を7月13日の発売に先駆けて一部を抜粋して公開する。(文:西部謙司)

0630Mancity1_getty

マンチェスター・シティこそ、ポゼッションの始祖だった――。グアルディオラとの宿命的な関係とは?【クラブ哲学図鑑(1)】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、ペップとシティの宿命的な関係についての章を7月13日の発売に先駆けて一部を抜粋して公開する。(文:西部謙司)

フェルナンジーニョ

マンC、誰も責められない左手…リバプール優勝でも終わらないフットボール。チェルシーはようやく本領発揮

今季のプレミアリーグの優勝が、リバプールに決まった。現地25日に行われた第31節で2位マンチェスター・シティがチェルシーに敗れ、残り7試合で首位との勝ち点差が23ポイントになったことを受けてのことだ。だが、今季はまだまだ終わらない。負けを認めたシティは次なる戦いに照準を合わせ、充実のチェルシーはここからが本番とばかりに力をたぎらせている。(文:舩木渉)

マンチェスター・シティ

マンC、バーンリー戦圧勝の要因は? 繰り出した偽SBに別格の強さ

プレミアリーグ第30節、マンチェスター・シティ対バーンリーが現地時間22日に行われ、5-0でホームチームが勝利している。被シュート数わずか1本と攻守両面で相手を圧倒したシティは、これでリーグ再開後2連勝。この日は長期離脱からレロイ・ザネも戻ってくるなど、状態は万全だ。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top