シニシャ・ミハイロビッチ

20190826_tomiyasu_getty

冨安健洋が叩き出した驚愕のデータ。走行距離、ボールタッチ、パス…ボローニャで開花するその能力

DF冨安健洋がボローニャでのセリエAデビューを果たした。エラス・ヴェローナとの開幕戦に右サイドバックとして先発。とはいえ、守備時には3バックの右となるなど、サイドバックとセンターバックの役割を同時に担っている。その中で冨安が叩き出した驚愕のデータとは?(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

冨安健洋

冨安健洋、“1ヶ月間”で示した自身の価値。開幕スタメン入りへ、いざ始まるセリエAでの冒険

セリエA第1節、エラス・ヴェローナ対ボローニャが現地時間25日に行われる。今夏にボローニャへ加入した冨安健洋は、プレシーズンマッチで右サイドバックとしてテストされるなど新境地を切り拓いたが、試合の中で着実に結果を残したことで開幕スタメン入りの可能性が高いと報じられている。そんな大事なセリエA初戦の前に、ここまでのボローニャにおける冨安の歩みを振り返る。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

冨安健洋

冨安健洋はハイブリッド型? ボローニャで切り拓く新境地。要求される、高度で「難しい」タスクとは

コッパ・イタリア3回戦、ピサ対ボローニャの一戦が現地時間18日に行われ、3-0で後者が勝利を収めている。今夏にボローニャへ加入した日本代表DFの冨安健洋は新天地初の公式戦でスタメンフル出場。チームの勝利に貢献した結果となったが、そのパフォーマンスはどうだったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

本田圭佑

14年、本田圭佑。なぜミラノ中からブーイングを浴びたのか。「幽霊」と揶揄された、あるプレー【セリエA日本人選手の記憶(9)】

日本人選手の欧州クラブへの移籍は通過儀礼とも言える。90年代、そのスタートとなったのがセリエAへの移籍だった。三浦知良や中田英寿など日本を代表する選手たちが数多くプレーしたイタリアの地。ここ最近は日本人選手が所属することはなかったが、今夏に冨安健洋がボローニャに移籍したことで、再びセリエAの注目度は高まりそうだ。この機会にこれまでの日本人選手のセリエAでの挑戦を振り返る。第9回はMF本田圭佑。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

冨安健洋_getty

冨安健洋、ボローニャ移籍の真相とは? 二人の目利きによる評価とクラブ事情から分かる期待値

日本代表DF冨安健洋は今夏、ベルギーのシント=トロイデンからイタリアのボローニャに移籍した。ボローニャは冨安をどのように評価しているのか。この移籍取引には確かな実績を持つ二人の目利きが絡んでいた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

20190711_bologna2_getty

冨安健洋、ボローニャで待つ新たな11人の仲間。ライバルは誰? 日本代表を粉砕したあの男も【編集部フォーカス】

日本代表のDF冨安健洋が、2019/20シーズンよりイタリア・セリエAのボローニャでプレーすることが決定した。果たして新天地にはどのような選手がいるのだろうか。今回フットボールチャンネル編集部では、冨安の新たな仲間となる11人を予想スタメンから紹介する。

新着記事

FChan TV

↑top