ジョアン・フェリックス

クリスティアーノ・ロナウド

C・ロナウドはもういらない? 若きスター軍団躍動の妨げに…ポルトガル代表勝利の鍵は“プランB”

UEFAネーションズリーグのポルトガル代表対フランス代表が現地時間15日に行われた。FWクリスティアーノ・ロナウドは、前回王者とロシアワールドカップ王者の対戦となった一戦で不発。アウェイのフランスが1-0で勝利した。ポルトガルは各クラブで躍動する注目の若手選手を数多く抱えながら消化不良に終わったが、その理由を考えると…?(文:本田千尋)

1110Atletico_getty

アトレティコ・マドリード最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。シメオネ10年目、スアレス加入とジョアン・フェリックス覚醒で変化

ラ・リーガも9節を消化した(アトレティコ・マドリードは2試合を未消化)。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、アトレティコ・マドリードの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

ジョアン・フェリックス

ジョアン・フェリックスのすごすぎる2得点。魅力の詰まったゴールがアトレティコを救う【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第2節が現地27日に行われ、アトレティコ・マドリードはFCザルツブルクに3-2で勝利を収めた。相手の速攻に苦しめられた難しい試合でアトレティコを救ったのは、ジョアン・フェリックスである。彼らしさや技術の粋が詰まった極上の2得点でチームを逆転勝利に導いた。(文:舩木渉)

ポルトガル代表

ポルトガル代表メンバーって誰がいるの? 現在の主力、フォーメーションは? C・ロナウドにJ・フェリックス…他国が羨むスター軍団

UEFAネーションズリーグ初代王者に輝いたポルトガル代表。フェルナンド・サントス監督の下、GKからFWまで各ポジションにタレントが揃っており、ベテランと若手のバランスも良い。非常に魅力的なチームが完成されつつあると言える。今回は、そんなポルトガル代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は2020年9月8日のスウェーデン代表戦終了時のもの)。

ジョアン・フェリックス

ジョアン・フェリックスに覚醒の予感。アトレティコの攻撃をけん引…大変貌の要因とは?

現地9月30日にラ・リーガ第3節が行われ、岡崎慎司が所属するウエスカとアトレティコ・マドリードの一戦はスコアレスドローに終わった。互いにゴールが遠かった中でも、まばゆい輝きを放ったのはアトレティコのFWジョアン・フェリックスだった。大きな失望を残した昨季から一転して、開幕から絶好調の20歳に一体どんな変化があったのだろうか。(文:舩木渉)

ジョアン・フェリックス

アトレティコ、シメオネのスタイルは限界? 120億円補強が不発も…意外な脇役が巻き返しの原動力に【19/20シーズン総括(6)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はアトレティコ・マドリードの1年を振り返る。(文:編集部)

0814Nagelsmann_getty

アトレティコはナーゲルスマンの術中にはまっていた。ヴェルナー不在のライプツィヒが用いた打倒シメオネの策略【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、ライプツィヒ対アトレティコ・マドリードが現地時間13日に行われ、2-1で勝利したライプツィヒがクラブ史上初のベスト4入りを決めた。高いインテンシティという共通項を持ちながら、異なるスタイルを標榜するチームの対決は、戦前の予想通り拮抗した展開に。しかし、ユリアン・ナーゲルスマン監督は鉄壁を誇るアトレティコのディフェンスを攻略していた。(文:加藤健一)

新着記事

↑top