チアゴ・シウバ

ヴェッラッティ

歴史的逆転劇くらったPSGの悲哀。屈辱、恥、大惨事…失望のフランスメディア

UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16でバルセロナと対戦したパリ・サンジェルマン(PSG)。1stレグでは4-0で完勝し準々決勝進出は確実と見られていたが、カンプ・ノウで行われた2ndレグでは衝撃的な逆転を許してしまった。この歴史的な「事件」を経た今、フランスは悲嘆にくれている。(取材・文:小川由紀子)

費用対効果という観点からすると存在感が薄く感じられてしまうディ・マリア

選手・監督のコスパが良いクラブは? リーグアン長者番付発表で、PSGの面々が受ける重圧

2016年の試合を終えたリーグアン。圧倒的な資金力を持つパリ・サンジェルマン(PSG)が独走するかと思われたが、首位に立ったのは伏兵・ニースであった。そんななか、仏紙レキップが毎年恒例のリーグアン長者番付を発表した。高給取りの多いPSGにとって、このデータの公表は発破となるか、それとも大きな重圧としてのしかかるか。(文:小川由紀子【パリ】)

新着記事

↑top