チアゴ・シウバ

20210121_ossaneleven_getty

ベテラン世界最高額ベストイレブン。34歳以上から市場価値で選出、欧州トップレベルで輝く最強のおじさんたち

毎年12月、FIFA(国際サッカー連盟)は年間表彰式を開催し、ベストイレブンをはじめとした各賞を発表する。その年に活躍した選手が選出されるこのベストイレブンとは別に、市場価値が高いベストイレブンを組むとどのような顔ぶれが並ぶだろうか。今回フットボールチャンネル編集部は、「4-2-3-1」の布陣に最も市場価値が高い34歳以上の選手を配置した11人を紹介する。※データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値を元に作成、成績は1月20日時点

チアゴ・シウバ

圧巻のチアゴ・シウバ、今も世界最高峰。チェルシー勝因は3得点奪取の攻撃陣にあらず【分析コラム】

プレミアリーグ第14節、チェルシー対ウェストハムが現地時間21日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。チェルシーはこれで連敗ストップ。レスターやエバートンらにプレッシャーを与えている。では、勝因はどこにあったのだろうか。(文:小澤祐作)

1108Ziyech_getty

チェルシーは必殺技を手にした。相手GKを惑わせるツィエクと巧妙なセットプレー戦略

プレミアリーグ第8節、チェルシー対シェフィールド・ユナイテッドが現地時間7日に行われ、4-1でチェルシーが勝利した。2アシストをマークしたハキム・ツィエクの左足と戦略的なセットプレーは、チェルシーの新たな得点パターンになっている。(文:加藤健一)

20201104_chelsea_getty

チェルシー最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。ランパード監督が導き出した、スター軍団の序列とは?

プレミアリーグも7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、チェルシーの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

チェルシー

チェルシー、補強評価はS。プレミア優勝候補に躍り出るか。若手との融合が躍進の鍵に【欧州主要クラブ補強診断(2)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のプレミアリーグを4位で終えたチェルシーの補強動向を読み解く。

20201008_brazil_getty

ブラジル代表メンバーって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ネイマール健在、個性派ぞろいのサッカー王国

新型コロナウイルス感染拡大の影響で約1年にわたって活動できていなかったブラジル代表が再始動する。2022年カタールワールドカップ出場権をかけた南米予選が開幕を迎え、10月はボリビア代表やペルー代表との対戦が控えている。チッチ監督率いるサッカー王国の代表には、相変わらず個性豊かなタレントが揃う。そこで今回は、そんなブラジル代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年10月1日時点)。

0927ThiagoSilva_getty

チェルシーの守備は今季も穴だらけ。チームが引き起こした前半の悪夢と、不可解だったランパードの采配

プレミアリーグ第3節、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン対チェルシーが現地時間26日に行われ、3-3の引き分けに終わった。チェルシーは前半に3点を失ったが、後半になんとか追いついている。チェルシーはなぜ、昇格組を相手にこれほどまでも苦戦したのか。(文:加藤健一)

チェルシー

チェルシー期待の新戦力5人。超大型補強を敢行…次世代を担う才能も確保しランパード体制2年目へ

未成年選手の登録違反よる補強禁止処分が明けたチェルシーは、今夏の移籍市場で積極的に動いた。新型コロナウイルスの影響で財政的なダメージを被った多くのクラブが補強に及び腰になる中、300億円近い予算を投じてビッグネームを数多く確保。そこで今回はチェルシーで新シーズンの中心を担うことが期待される新戦力や若手選手たちを5人紹介する。

新着記事

↑top