ティモ・ヴェルナー

チェルシー

チェルシー期待の新戦力5人。超大型補強を敢行…次世代を担う才能も確保しランパード体制2年目へ

未成年選手の登録違反よる補強禁止処分が明けたチェルシーは、今夏の移籍市場で積極的に動いた。新型コロナウイルスの影響で財政的なダメージを被った多くのクラブが補強に及び腰になる中、300億円近い予算を投じてビッグネームを数多く確保。そこで今回はチェルシーで新シーズンの中心を担うことが期待される新戦力や若手選手たちを5人紹介する。

ティモ・ヴェルナー

チェルシーはやはり期待大、ヴェルナーが輝く。周囲の期待を裏切らぬ、ブライトン戦での躍動

プレミアリーグ第1節、ブライトン対チェルシーが現地時間13日に行われ、1-3でアウェイチームが勝利している。大型補強を行い注目を集めていたチェルシーは内容面でこそ苦戦を強いられたが、チャンスを確実にモノにし、白星スタートを切った。そして、新加入のティモ・ヴェルナーは期待に応える活躍ぶりを披露している。(文:小澤祐作)

20200910_chelsea2020_getty

チェルシー、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。280億円超大型補強の成果は?

チェルシーは補強禁止処分が明けた今夏、2億ポンド(約280億円)もの巨額を投じて大型補強に踏み切った。新型コロナウイルスの影響で財政に大ダメージを被ったライバルたちを尻目に、ティモ・ヴェルナーやカイ・ハフェルツら市場の人気銘柄を次々に獲得し、着実にチーム強化を進めている。今回はプレミアリーグ開幕を前に、20/21シーズンにレギュラー定着が予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

ドイツ代表

ドイツ代表メンバーって誰がいるの? 現在の主力は? ミュラー、フンメルスら重鎮が“引退”、後を継ぐ男たち

連覇を目指して挑んだロシアワールドカップではまさかのグループリーグ敗退に終わったドイツ代表。その後のUEFAネーションズリーグでもグループ最下位に終わるなど、苦戦は続いている。ただ、チームは世代交代を着々と進めており、現在は若い選手が中心となって再建を目指している。今回は、そんなドイツ代表のメンバーを基本フォーメーションからポジションごとに紹介していく(代表成績は10月13日のエストニア代表戦終了時のもの)。

20200827_chelsea_getty

チェルシー、過去にない盛り上がり。次期世界最高候補にチアゴ・シウバ獲得なら優勝も?【プレミアBIG6補強戦略(1)】

今夏は昨年までの移籍市場とは状況が違う。新型コロナウイルスの影響で、財政難に苦しむクラブが多く、売りたいチームが多い一方で、買い手側のクラブで資金が潤沢なのはごく一部。そのため多くの交渉が非常に難しい状況になっている。あるいは資金を準備できず、トレードでの移籍も増えそうな夏でもある。一方で補強の動きを止めれば、チームの新陳代謝が止まってしまう。各クラブ工夫を重ねて強化を成功させようとしている。そんな特別な夏におけるプレミアリーグBIG6の補強はどうなっていくのだろうか。今回はチェルシーを解説していく。(文:内藤秀明)

フェラン・トーレス

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ(1)。マンCに抜擢された2人の若者とは!?

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている(イタリアは9月より)。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はレロイ・ザネ、アシュラフ・ハキミ、フェラン・トーレス、ナタン・アケ、ティモ・ヴェルナーの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

0813LeipzigAthletico_getty

ライプツィヒ対アトレティコ、予想スタメン&プレビュー。ヴェルナー抜きで最強の牙城を崩せるか?【欧州CL準々決勝】

チャンピオンズリーグ(CL)はいよいよ準々決勝に突入する。現地時間13日に行われるライプツィヒ対アトレティコ・マドリードはどんな試合になるだろうか。両クラブの現状や、先発出場メンバーを占う。

20200730_focus_getty

19/20ブンデスリーガベストイレブン。世界が期待の逸材にドイツの未来、バロンドール級のFWも

バイエルン・ミュンヘンの8連覇で幕を閉じた2019/20シーズンのブンデスリーガ。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中でどのような選手たちの輝きが目立っていたのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのブンデスリーガベストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

新着記事

↑top