ブルーノ・フェルナンデス

20200714_focus_getty

世界最高のパサーは誰だ! サッカー選手パス能力値ランキング16位~20位。マンUを変えた男、その順位は?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は7月5日時点

ブルーノ・フェルナンデス

ブルーノ・フェルナンデスは何が凄いのか? マンUを変貌させた恐るべき影響力とプレースタイルを解説

強いマンチェスター・ユナイテッドが帰ってきた。新型コロナウィルスによる影響で、リーグ中断する以前から調子が戻りつつあったが、そこからさらに調子が上向いた。要因は様々あるが、1番の原動力となっているのは間違いなくブルーノ・フェルナンデスだ。そこで今回は、冬にスポルティングリスボンから加入した、若き司令塔のプレースタイルと影響力について言及していく。(文:内藤秀明)

20200710_manU_getty

マンUは「負ける気」がまったくしない。蘇る強き姿、一体なにが生まれ変わったのか?

プレミアリーグ第34節、アストン・ビラ対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間9日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。ユナイテッドはこれでリーグ再開後4回目となる3点差以上での白星。攻守両面での好調ぶりを再び発揮した。赤い悪魔は何が大きく変わったのだろうか。(文:小澤祐作)

ブルーノ・フェルナンデス

マンU、ブルーノ・フェルナンデスは“神の領域”に。一人でチームを変えた男の類稀なる才能

プレミアリーグ第32節、ブライトン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間6月30日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。これでユナイテッドはリーグ戦2連勝。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を争うライバルであるチェルシーにプレッシャーを与えることになった。その中で、勝利の立役者となったのは、一体誰なのだろうか。(文:小澤祐作)

0617Portugal_getty

ポルトガル代表メンバーを妄想! もしEURO開催されていたら…欧州大会3連覇を目指すはずだった今夏のシナリオ

今年行われる予定だったEURO2020は、非常に残念ながら、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。EURO2016で初優勝、昨季のUEFAネーションズリーグでも初代王者に輝いたポルトガル代表は、EURO2020で欧州大会3連覇を目指すはずだった。そこで今回は、もしEURO2020が行われていたら、ポルトガル代表メンバーはどんな面々となっていたのかを予想する。

20200504_focus_getty

世界最高のトップ下は誰だ! 攻撃的MF能力値ランキング1位~5位。頂点に立ったのは文句なしで…(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20200407_focus_getty

世界のサッカー選手能力値ランキング21位~25位。アザールが低迷…一方でランクアップを果たしたのは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

マンチェスター・ユナイテッド

マンUが打ち砕いたLASKの夢。猛る若手が“赤”鱗躍動…大量5発で新型コロナも吹き飛ばす【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の1stレグが現地12日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはLASKリンツに5-0で勝利を収めた。新型コロナウィルスの大流行により開催も危ぶまれていたが、アウェイでの一戦は若手の躍動で大勝。オーストリアの新興勢力に格の違いを見せつけた。(文:舩木渉)

新着記事

↑top