ルベン・ディアス

20210224_mancity_getty

マンチェスター・シティには誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 覚醒ギュンドアンの起用法とは

2020/21シーズンのプレミアリーグも後半戦に突入している。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、首位を走るマンチェスター・シティの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成、成績は2月23日時点)。

20210207_focus_getty

史上最高額移籍は誰だ? サッカー選手歴代移籍金ランキング31~35位。ミランの黄金期を支えた英雄カカにイブラヒモビッチも登場!

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。フットボールチャンネル編集部は、歴代選手における移籍金ランキングを作成し、上位に名を連ねる選手を紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、金額は現在のレートで統一

20210129_focus_getty

20/21シーズン最高額移籍は誰だ? サッカー移籍金ランキング1~5位。マンCが確保した若きCBにバルセロナを追われたMFも

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。今回フットボールチャンネル編集部は、20/21シーズンに高額な移籍金で移籍した選手をランキング形式で紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、成績は1月28日時点、金額は現在のレートで統一

ルベン・ディアス

マンCの背番号3は「スーパーマン」。心技体全てが超高水準、9連勝絶好調のチームを統率【分析コラム】

現地20日にプレミアリーグ第1節の延期分が行われ、マンチェスター・シティはアストン・ヴィラを2-0で下して公式戦9連勝を飾った。絶好調な要因の1つは守備の安定にある。それをもたらしたのは今季新加入のポルトガル代表DFルベン・ディアスだ。(文:舩木渉)

20210118_worsedf11to15_getty

世界最高額のDFは誰だ? サッカー選手DF市場価値ランキング11~15位。アフリカ最強…? いや、世界屈指のCBとは【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いDFは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月17日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

0112Value51_60_getty

世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング51~60位。グリーズマンは大幅ダウン、マンCの新DFリーダーは急上昇【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※成績は1月8日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

ジョン・ストーンズ

「金返せ!」とはならない、白熱のマンチェスター・ダービー。マンC、ストーンズに完全復活の兆し【分析コラム】

現地12日にプレミアリーグ第12節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが0-0のドローを演じた。静かに白熱したダービーマッチで目立ったのは、シティのDFジョン・ストーンズの充実ぶりだ。26歳になったイングランド代表センターバックは自信を取り戻し、長引いたコンディション不良から復調しつつある。(文:舩木渉)

マンチェスター・シティ

マンCはSランク陥落ながら…。大金費やし弱点カバー&若手獲得で覚醒なら悲願達成も【欧州主要クラブ補強診断(5)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のプレミアリーグを2位で終えたマンチェスター・シティの補強動向を読み解く。

ポルトガル代表

ポルトガル代表メンバーって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? C・ロナウドにJ・フェリックス…他国が羨むスター軍団

UEFAネーションズリーグ初代王者に輝いたポルトガル代表。フェルナンド・サントス監督の下、GKからFWまで各ポジションにタレントが揃っており、ベテランと若手のバランスも良い。非常に魅力的なチームが完成されつつあると言える。今回は、そんなポルトガル代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は2020年9月8日のスウェーデン代表戦終了時のもの)。

20201003_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はアブドゥライェ・ドゥクレ、パトリック・シック、ルイス・スアレス、ルーカス・パケタ、ルベン・ディアスの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

新着記事

↑top