レアル・ベティス

ベテランスペイン代表最高額ベストイレブン。34歳以上から市場価値で選出、Jリーグで輝くあの名手も

毎年12月、FIFA(国際サッカー連盟)は年間表彰式を開催し、ベストイレブンをはじめとした各賞を発表する。その年に活躍した選手が選出されるこのベストイレブンとは別に、市場価値が高いベストイレブンを組むとどのような顔ぶれが並ぶだろうか。今回フットボールチャンネル編集部は、「4-3-3」の布陣に最も市場価値が高い34歳以上のスペイン人選手を配置した11人を紹介する。※データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値を元に作成、成績は1月24日時点

久保建英が解決策に? ドロー沼にはまるビジャレアルを救うには…。得点力不足解消の糸口となるか【分析コラム】

ラ・リーガ第13節、レアル・ベティス対ビジャレアルが現地時間13日に行われ、1-1の引き分けに終わった。久保建英は6試合ぶりにリーグ戦で先発となったが、ゴールに絡む活躍はできず。しかし、久保のプレーが得点力不足に悩むチームの解決策になるかもしれない。(文:加藤健一)

ラ・リーガ20/21 キャプテン一覧。スペイン人以外はわずか2人。メッシともう1人は…

ラ・リーガの2020/21シーズンが開幕した。連覇を目指すレアル・マドリードや新監督を迎えた覇権奪回を狙うバルセロナなど、今季も話題に事欠くことはない。今回は、ピッチ内外で重要なタスクを担うキャプテンをクラブごとに紹介する。(加入年は最初に加入した時期)

レアルに激怒するベティス陣営、一体なぜ? VARの「R」の意味はまさかのレアル!?

ラ・リーガ第3節が現地25日に行われ、敵地に乗り込んだレアル・マドリードはベティスに3-2で逆転勝利を収めた。この試合で結果以上に注目を浴びたのは、VARが介入して下された判定についてだった。一体何が起きたのか? 実は「VAR」には2つの意味があった?(文:舩木渉)

新着記事

↑top