北川航也

日本代表

サウジアラビア戦、最年少・冨安健洋が救世主に。チームは評価伸びず…劣勢の後半は課題【どこよりも早い採点】

日本代表は21日、AFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦して1-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

日本代表、アジアカップ8強進出! 最年少20歳・冨安健洋の代表初得点でサウジアラビア下す

日本代表は21日、AFCアジアカップ2019・決勝トーナメント1回戦でサウジアラビア代表と対戦した。

日本代表

ウズベキスタン戦、殊勲弾の塩谷に最高評価。一方で変わらぬ課題も…守備陣は低評価に【どこよりも早い採点】

1月17日、AFCアジアカップ2019・日本対ウズベキスタンの一戦が行われ2-1で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

塩谷司

塩谷逆転弾でアジアカップ3連勝。ウズベキスタン破り首位通過、次戦カタールorサウジ中東勢と激突

日本代表は17日、AFCアジアカップ2019・グループリーグF組第3節でウズベキスタン代表と対戦した。

日本代表

アジア杯3戦目、8年前の岡崎慎司になるのは誰? 求められる停滞感の払拭、控え陣の奮闘がカギ

現地時間17日、日本代表はAFCアジアカップ・グループリーグ第3節でウズベキスタン代表と対戦する。勝利を逃せば2位通過が確定する森保ジャパンはなんとしても勝ち点3を奪わなければならない。その重要な試合で奮闘が求められるのはここまで出番の少なかった控え攻撃陣だ。彼らは8年前の岡崎慎司が残した目に見える結果を残すことはできるのか。(取材・文:元川悦子【UAE】)

日本代表

アジア杯、大迫の代役問題は先送り。北川航也・武藤嘉紀の戸惑い、迫る“タイムリミット”

日本代表は13日、AFCアジアカップ・グループリーグ第2節でオマーン代表と対戦し1-0と勝利した。大迫勇也が不在のなか、スタメン出場を果たした北川航也はさしたるインパクトを残せぬまま途中交代。武藤嘉紀も同様だった。今後も代表でプレーし続けるためにも目に見える成果をあげたい。(取材・文:元川悦子【UAE】)

日本代表

オマーン戦、勝利も厳しい採点しかできない内容に。“大迫の代役”も見つからず【どこよりも早い採点】

1月13日、日本対オマーンの一戦が行われ1-0で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

日本代表、またも薄氷の勝利。オマーン戦1-0で決勝T進出もアジア杯は難敵の連続

日本代表は13日、AFCアジアカップ2019・グループリーグF組第2節でオマーン代表と対戦した。

日本代表

トルクメニスタン戦、不甲斐ない前半に大きな課題。白星発進もアジアの怖さ痛感【どこよりも早い採点】

1月9日、日本対トルクメニスタンの一戦が行われ3-2で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

大迫勇也

日本、下克上は何とか許さず! 127位トルクメニスタンに冷や汗も…逆転白星発進

日本代表は9日、AFCアジアカップ2019・グループステージ第1節でトルクメニスタン代表と対戦した。

大迫勇也

「優勝できる自信? もちろん」。大迫が見せたエースの自覚。トルクメニスタン戦、カギ握るのは?

日本代表は9日、アジアカップのグループリーグ初戦でトルクメニスタン代表と対戦する。FW大迫勇也はセンターFWとして不可欠といえる存在であり、本人もその自覚を見せている。しかし、負傷の影響もあり万全の状態とは言い切れない。北川航也と武藤嘉紀の起用法も重要となる。(取材・文:元川悦子【UAE】)

新着記事

FChan TV

↑top