ヴォルフスブルク

シェルブレッド

ブンデス再開で見えたリスクと可能性。交代枠5人制の活用術、サッカーの新たな魅力を発見?

ドイツでブンデスリーガ1部と2部のリーグ戦が16日に再開した。新型コロナウィルス感染拡大の影響で約2ヶ月にわたって中断していた公式戦の開催にこぎつけたが、一方で急ピッチで準備を進めたことによるリスクも孕んでいる。負傷者が続出した再開初戦で見えてきた現実と、リスク回避のために導入された新たな施策がもたらす効果はどれほどのものなのだろうか。(文:舩木渉)

1030hasebe1_getty

長谷部誠、19/20前半戦の評価は? 守備の中心に君臨も、ポジションが安泰でない理由【欧州日本人中間査定(7)】

新年を迎え、2019/20シーズンは後半戦へと突入した。欧州各国でプレーする日本人選手たちはどのような活躍を見せたのか。今回はフランクフルトでプレーする長谷部誠の前半戦を振り返る。(文:編集部)

0809debruyne

ケビン・デ・ブルイネ、そのプレースタイルと能力値、ポジションは? ペップが見出した周囲の機微をも見逃さない認知力【注目選手分析(4)】

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを始め、世界各国には際立った存在感を放つ名手が数多く存在している。そんなワールドクラスのプレイヤーは、一体どのようなスキルを持ち、どのような特徴を発揮しているのか。そのプレースタイルを解説する。第4回はベルギー代表MFのケビン・デ・ブルイネ。(文:編集部)

0604%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%ae01

リバプールに栄冠もたらした奇跡の男、ディボック・オリギ。戦力外のFWが英雄となる物語

今シーズンのラストマッチを締めくくるチャンピオンズリーグ決勝、リバプール対トッテナムの一戦は2-0でリバプールが勝利。昨季も決勝まで進出するものの、ギリギリのところでとり逃したビッグタイトルを1年越しで手にした。今回はその立役者の存在に迫る。(文:内藤秀明)

新着記事

↑top