Home » Jリーグ » 期待外れ…。Jリーグ“ガッカリ”助っ人10人。2023シーズン、大苦戦する外国籍選手たち » Page 5

レアンドロ(ブラジル)


【写真:Getty Images】

クラブ:FC東京(~6月8日)
生年月日:1993年5月12日
リーグ戦成績:出場なし

 年代別のブラジル代表でプレーした経験のあるレアンドロは、6年半に渡ってJリーグで活躍してきた。鹿島アントラーズには3シーズン在籍し、加入した2017シーズンは23試合の出場で11得点を挙げる活躍を見せた。FC東京に期限付き移籍した2020シーズンにはYBCルヴァンカップで活躍し、準決勝で2得点、決勝でもゴールを決めて大会制覇に大きく貢献している。

 独特な間合いから繰り出されるドリブルや相手の意表を突くパスなどでチャンスを生み出すレアンドロは、長谷川健太監督率いるFC東京になくてはならない存在だった。しかし、アルベル監督が就任した昨季はリーグ戦の先発がわずか11試合。5得点とまずまずの数字を残したが、限られたプレー時間を大幅に減らすこととなった。

 今季も立場を変えることができず、リーグ戦で一度もベンチ入りすることができなかった。唯一プレーしたのはYBCルヴァンカップの1試合のみで、グループステージ第1節の90分を最後にレアンドロが再びピッチに立つことはなかった。先月上旬には契約解除が発表され、チームを離れることとなった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top